トイレの便器内に異物を落とした!

9.jpg

 

トイレの便器内に、トイレットペーパー以外のものを流すと、強固な詰りになってしまうことが多くあります。

 

ペーパー類でも、普通のティッシュペーパーやお掃除用シートなどを多量に流してしまうと、簡易的な詰り修理では対処しきれずに、写真のように便器を一度取り外すことになるケースもあります。

 

また、絶対に流してはいけない異物を誤って流した場合には、ほとんどの場合で上記のような便器の取り外しが必要になってきます。

よくありがちなケースとしては、携帯電話、トイレットペーパーの芯、生理用品や紙おむつ、ブルーレットなど芳香剤・洗浄剤のキャップや容器、掃除用のたわし、ボールペンなどを流してしまうことが多いようです。

 

作業料金は、タイプや施工状態にもよりますが、通常は ¥18000〜¥25000くらいになります。