誰でも今すぐできる! 簡単なトイレつまり修理方法

A5C8A5A4A5ECA4CEB5CDA4EA-thumbnail2.jpg

 

急にトイレがつまってしまった場合の自分でできる修理方法です。

 

トイレが詰まった時には、便器内の水位が溢れるくらいに上がってきたり、ペーパーや汚物が流れきらなかったり、ゴボゴボとした排水不良音がすることもあります。

 

簡単なつまりの症状であれば、道具ひとつあれば、水道屋さんに頼まずご自身で修理も可能です。

まず、写真にもある詰り修理の道具「ラバーカップ」を用意します。

「ラバーカップ」はほとんどのホームセンターなどで1000円以内で売っているものです。

 

このラバーカップを詰まっている便器内に押し付けながら、若干押し引きしてみます。

できるだけ便器内の水に密着させるようにすることと、

小刻みにラバーカップを動かすことがコツです。

 

 

注意 ・・・・ 上記の方法で便器つまり修理ができるのは、簡易的なペーパー詰りや便の詰まりのみです。

例えば、異物を落としてしまった、生理用品を流した、トイレットペーパーの芯を流したなどの物落としによる便器の水つまりには、ラバーカップでは修理することができません。

無理にラバーカップを使用して便器の水詰りを修理しようとすると、症状を悪化させて、予定よりも大がかりな工事になってしまうこともあります。

くれぐれも、ペーパーつまり、便の詰り以外には使用しないでください。

 

 

 

上記の方法では水詰まりが直らなかった場合には、水道業者にご依頼ください。

一般のつまり修理が手馴れている水道屋さんでは、上記のようなラバーカップなどは使わず、はるかにパワーのある、「ローポンプ」や「ハイスパッド」という修理業者専用の強力な道具を持っています。

そのため、強固な詰まりも簡易的に修理できることが多くあります。

 

     ラバーカップ.jpg        トイレつまり1.jpg        トイレつまり2.jpg

トイレつまり修理のご依頼は年中無休で迅速対応

このサイトは、札幌のトイレつまり・トイレトラブル修理専門店のお役立ち情報ホームページです。

突然トイレがつまった時のために、自分でできるトイレのつまり修理方法を公開しています。

簡単なトイレ詰りなら、和式便器・洋式便器問わず、トイレの詰まり修理ができます。

ご自身でできない範囲の修理については、弊社にご依頼いただければ幸いです。

 

年中無休 ・ 夜10時まで営業しています!