札幌市手稲区のトイレ水漏れ

deddccbnbhyth55.jpg

 

トイレタンクにつながっている配管から

水漏れがしているということで

手稲区のトイレ水漏れ修理にお伺いしました。

 

通常はきれいな水をタンクに供給するために

このように壁や床などから

水道管が伸びてきています。

 

これらの水道管のパッキンが劣化したり

配管自体が古くなって穴が開いたり

などの原因によって水漏れすることがあります。

トイレの水漏れは全般的に修理対応できますので

お気軽にご相談ください。

 

札幌市西区のトイレ水漏れ

DVC00115ddee.JPG

 

こちらは最新型のトイレタンクの内部金具です。

プラスチックの部品が複雑に組み合わさっているため

水漏れなどの不調があった場合にも

お客様ご自身でどうにかしようとすると

更なる部品故障の原因ともなりえるので

必ず札幌市指定の水道工事業者にお願いするようにしましょう。

 

弊社でも全般的に

トイレ水漏れ修理に対応しています。

 

※ トイレの種類によっては

  製造メーカーさんでの修理しかできない箇所もあります。

  予めご了承ください。

 

札幌市西区のトイレ水漏れ

fregvgbvvfd.jpg

 

洗浄管と呼ばれる、トイレの配管から

水漏れをしたために西区の現場にお伺いしました。

この洗浄管とは、昔ながらの形状のトイレについている部材で

トイレタンクと便器のあいだを接続している水の通り道になる配管です。

 

この洗浄管にも各所にパッキンが入っているため

古くなってしまうと、そこから水漏れが始まります。

洗浄管を分解して、各箇所のパッキンを取替える作業になります。

 

今回のケースでは数箇所のパッキンを交換して

¥6000+税 の料金になりました。

 

 

札幌市中央区のトイレ水漏れ

gtvvbny767.jpg

 

古いトイレタンクが付いているお宅で

水を使うたびにどこからか水がもれて

タンク下の床面に水溜りができるということで

中央区のトイレ水漏れ現場に調査におじゃしました。

 

確認したところ、トイレタンク内の部品が故障して

タンクの中で水が飛び散り

それがタンク蓋のすき間から水漏れして

床面に水が落ちていったようでした。

 

故障箇所のトイレ部品を取替えて

今回の修理を完了させています。

 

札幌市西区のトイレ水漏れ

defreed.JPG

 

トイレのタンクの水が止まらなくなったということで

西区のお客様よりご連絡がありました。

トイレタンク内部を確認すると、

内部の部品が古くなって故障しているのがわかりました。

 

トイレタンク内部の部品が故障してしまうと

流した水が止まらなくなったり、

いつまでもポタポタとトイレタンクの中で水が止まりきらなくなったり

内部部品の変形などで内部で引っかかりを起こし

逆に水が出なくなってしまったりすることがあります。

 

国内メーカーのトイレタンクであれば

全般的に部品の交換や修理が可能ですので

お気軽にお問い合わせください。

 

トイレの水が流れっぱなしになる(札幌市厚別区の事例)

20140812_120632.jpg

 

気が付いたらトイレの水がチョロチョロと便器の中へ

流れっぱなしになっているということで

厚別区のお客様よりトイレ水漏れのご連絡がありました。

トイレタンクを蓋を外して見てみると、中に入っている部品が故障しているようで

水量の調節がきかずに、いつまでも少量の水が

流れ続けている状態でした。

 

トイレタンク内の部品は、数年ごとに悪くなってもおかしくないものです。

今回は、ボールタップとフロート弁という部品をそれぞれ交換して

トイレの水漏れを直しています。

トイレのタイプにより使用部品は違いますが

上記2点の部品を同時に交換する場合には

¥14000〜+消費税額になります。

 

 

札幌市北区のトイレタンク内の水漏れ

20140813_172555.jpg

 

トイレタンクの中でいつまでも水がポタポタと

流れる音がしているということで

北区の集合住宅のお客様よりご連絡がありました。

現地でトイレタンクのフタを外して

中の状態を確認したところ、内部金具が故障して

水の止まりが悪くなっているのがわかりました。

 

今回はトイレタンクの中の浮き球(ボールタップ)という部品を

取り替えて、トイレ水漏れの修理ができました。

トイレタンク内部金具の交換は、交換部材にもよりますが、

¥6000〜16000円の範囲になります。

今回のボールタップ交換は¥12000+税額になりました。

 

札幌市東区のトイレ水漏れ修理

20140825_130634.jpg

 

札幌市の水道局から水道料金が上がったので

水道業者さんに調査と修理をお願いしたほうが良いと言われ

弊社へご連絡をいただいた北区のお客様宅です。

 

各箇所の水まわりを調査したところ、トイレの水漏れを発見しました。

トイレタンク内で水が止まりきらなくなり、その余分な水が

便器のほうへと少量ずつ流れてきていました。

トイレタンク内の部品が故障していたため

今回はフロート弁というゴムバルブを取り替えてトイレの水漏れを解消しています。

料金は ¥6000+消費税額 となっています。

 

 

トイレの配管から水漏れ(札幌市南区の修理現場)

20140825_130644.jpg

 

南区にお住まいのお客様よりお電話があり

トイレの床に水が溜まっているということで

修理の依頼をいただきました。

トイレの床水漏れの場合、いくつかの可能性が考えられます。

便器の床設置面の不良の場合もあれば、

トイレタンク付近から水がしたたってくることもありますし、

ウォシュレット(洗浄便座・シャワートイレ)の故障などの影響で

じんわりと水が漏れることもあります。

 

現地で調査したところ、今回の水漏れ原因は

トイレの床から立ち上がって、トイレタンクや

ウォシュレットへと繋がっている水道管やそのまわりの

器具付近からもれていることが判明しました。

今回は水道管と水道金具を取り外し、

つなぎのパッキンを交換しただけで修理完了できました。

 

札幌市清田区のトイレタンク内の水漏れ

20140906_144605.jpg

 

トイレタンクの手を洗う水が出てくる箇所から

いつまでたっても少量の水が流れ出て

止まらなくなってしまっているということで

調査をご依頼された清田区のトイレ修理案件です。

現地に伺って、トイレタンクの中を覗かせていただくと

タンク内の部品が故障したことによって水を止めるための

制御部分が効かなくなり、だだ漏れ状態で

便器の中にも常時水が漏れていたようです。

 

今回は、トイレタンク内のボールタップとフロートバルブという

2種類の部品の劣化がひどかったため、2点同時に交換しています。

 

トイレタンクから便器へ水漏れ(札幌市白石区のトイレ修理)

20140908_182044.jpg

 

不動産管理会社さまからのご依頼で

トイレの便器の中へずっとチョロチョロと水が流れっぱなしになると

修理のご依頼をいただいた案件です。

通常、便器の中に水が流れたままになるというのは

トイレタンク内で水が止まらないことで、水の逃げ場所として

便器の中へと流れてしまうものです。

 

トイレタンクの蓋を取り外して、内部金具の確認をしたところ

サイフォン管(オーバーフロー管)という部品が破損してしまっていたため

タンク脱着を伴う部品交換作業をして完了しました。

 

 

トイレの水が勢いよく流れっぱなしになる(豊平区のトイレ修理事例)

20141007_194734.jpg

 

あるとき突然に、トイレの水がジャージャー流れっぱなしになったと

豊平区のお客様より緊急修理対応のご依頼をされました。

いちどトイレを使用したあとから、

いきなりこのような症状になったということでしたので

各所の部品を確認したところ、

トイレタンクのレバー部品が故障して動きが渋くなり、

レバーを回したあとに正常の水を止める定位置まで戻らないことで

いつまでも水がダラダラ出続けていたようです。

今回は故障したタンクレバー部品を取り替え

新しいものに替えて修理完了しています。

 

 

洋式便器とトイレタンクの間の配管修理(厚別区のトイレ修理事例)

20141023_105002.jpg

 

昔ながらの洋式トイレで、

便器とトイレタンクをつないでいる

銀色の太い配管パイプから水漏れしていると

厚別区のお客様よりトイレ修理依頼がありました。

このトイレの太い配管パイプは洗浄管と呼ばれ

年数が経過すると、各ナット部に入っている

リング状のパッキンが悪くなって水漏れしたり、

パイプ自体が劣化で損傷したりするなどのトラブルがおこります。

 

トイレ洗浄管の水漏れは、各所パッキンの交換ですむ場合、

¥6000〜からになります。

 

 

トイレの配管から水漏れ(豊平区の修理事例)

20141101_191824.jpg

 

トイレタンク付近に繋がる配管部分から

じんわりと水漏れがあるということで

豊平区のお客様よりご連絡がありました。

水漏れ箇所を調査したところ、水道管の立ち上がり部分から

分岐しているウォシュレット(洗浄機能付き便座)配管と

つながっている箇所より水漏れしていることを発見。

 

間に挟まって止水の役目をしているゴムパッキンが

古くなってゴムの弾力が無くなったり、変形してしまっているなどが原因で

このような症状になったようです。

今回はパッキンの交換1箇所のみの取り替えで完了できました。

 

トイレで漏水して水道料金が上がった(東区のトイレ修理事例)

f3r3e3fffftghhty.JPG

 

札幌市の水道局から検針時に

トイレで漏水していて、水道料金が高くなっているということで

お知らせをいただいたお客様からのトイレ修理依頼です。

タンクの蓋を開けて、中の状態を確認すると

やはり部品が故障していて、常時水が流れていることがわかりました。

ボールタップという浮きが付いた部品が今回故障していたもので

この部品を取り替える作業となりました。

水道料金が上がった場合にも、弊社のような

水道局の指定工事店で修理をすると、高くなってしまった料金が

免額になることもありますので、詳しくはお問い合わせください。

 

トイレの水が流れっぱなしになる(西区のトイレ水漏れ事例)

r43443fe.JPG

 

トイレタンクの側から、便器のほうへと

いつまでも少量の水漏れがするということで

西区のお客様よりトイレ水漏れ修理依頼がありました。

トイレタンクの中にはいくつも部品が入っていて

これらのうち1つでも故障すると

水が止まらなくなったりすることが多発します。

今回はサイフォン管という内部部品が折れかけてしまっていて

タンク内に溜まるはずの貯水部分が

ダラダラと便器へ流れ続けていったようです。

今回のトイレ部品の交換は ¥15000+税額でした。

 

トイレの水が止まらない(中央区のトイレ修理事例)

20140821_114217.jpg

 

トイレの便器の中に、いつまでたっても

水が流れてくるということで、お客様よりご相談がありました。

流れる量は少しずつですが、一向に止まる気配がないということでしたので

トイレ部品が故障している可能性もあり、お伺いしたところ

やはりトイレタンクの中に入っているフロート弁が古くなって

水を止める制御がきかなくなっていました。

今回はこのフロート弁という部品を取り替えて

トイレの水漏れ修理完了しています。

今回の料金は ¥6000+税額 になりました。

 

 

ボタンを押すタイプのトイレで水が流れたままになる(中央区の修理事例)

20150112_074048.jpg

 

こちらは、トイレの小便器に付いている

ボタン式のフラッシュバルブです。

この部品が悪くなると、水量が極端に少なくなったり、

いつまでも水が流れたままになることがあります。

今回のケースでは、中の部品に給水管のサビや細かなゴミが引っかかり

正常に水の通路の開閉ができず、いつまでも水がチョロチョロと出続けるという

症状になってしまっていたため、内部清掃と

フラッシュバルブのピストンという部品を取り替え、

トイレの水漏れ修理を完了しています。