札幌市手稲区の蛇口水漏れ修理

6876ijhjkkl.jpg

 

こちらは洗濯機の蛇口から

使用するたびに水漏れがするということで

ご連絡があった手稲区の蛇口修理現場です。

 

蛇口には各所にパッキンが入っていて

蛇口外に水が垂れていかないようになっています。

しかし、このゴムパッキンが劣化して

変形したり、ゴムの弾力性がなくなると

水漏れする原因となります。

 

蛇口のパッキン交換は¥3000〜+税です。

(複数個所のパッキン取替えの場合はお値引きになります)

 

札幌市中央区の蛇口水漏れ修理

r45hhhgdssdwe.jpg

 

蛇口の故障で水の止まりが悪くなったと

中央区の蛇口修理現場にお伺いしました。

お風呂場にある2ハンドルタイプのシャワー蛇口で

ハンドルを強く締めても水がポタポタ落ちたり

シャワーと吐水の切り替えがうまく操作できなかったりと

あちこち故障していました。

 

水漏れ箇所はパッキンの交換で、

切替部の故障は切替弁というバルブ金具を取替えて

蛇口の水漏れ修理を完了しました。

 

札幌市西区の蛇口水漏れ修理

rrgg2334.jpg

 

こちらは蛇口のハンドル内部に入っている

金具部品です。

今回は蛇口の水が止まりにくいということで

西区の蛇口故障修理現場にお伺いしました。

 

通常はパッキン交換でなおせるレベルの症状でしたが

蛇口そのものがかなり古く、

ハンドル内部金具にも削れがあったため

金具部品とパッキンを併せて取り替えしています。

 

国産メーカーの蛇口なら全般的に

修理に対応しております。

 

蛇口を閉めてもポタポタ水が落ちる(札幌市中央区の蛇口修理事例)

20140809_191452.jpg

 

中のパッキンが悪いようで、いくら蛇口のハンドルをぎっちり締めても

いつまでも水がポタポタ落ちてくるということで

お客様よりご相談がありました。

古い洗面台に取り付いているハンドル式の蛇口で

あまりお金がかかることはしたくないということでお話をいただきました。

通常このタイプの蛇口はカンタンなパッキンの交換で水漏れ修理できますが

今回は蛇口内部が金属の劣化で削れていたようで

パッキンの取り替えだけでは症状がなかなか良くなりませんでした。

そこで、内部金具部品を取り替えてみると、水がぴたっと止まるようになりました。

今回の料金は、蛇口の金具部品を交換して¥6000+税額となりました。

 

お風呂場の蛇口のパッキン交換(札幌市南区の蛇口修理事例)

20140908_182057.jpg

 

お風呂の蛇口のハンドルをギュッと締めても

水がポタポタといつまでも止まらないということで

南区のお客様より蛇口水漏れ修理をお伺いしました。

水とお湯のハンドルが別々の2バルブタイプの水漏れの場合、

大半はゴムパッキンの取り替えで修理が可能です。

今回は、ハンドルを取り外し、

水側・お湯側のパッキンを交換(各2箇所ずつ・計4ヶ)にて完了。

パッキン交換の料金はすべて含め¥6000+税となっています。

 

ごくまれに、パッキンを取り替えても改善しない場合には

金具部品の交換や、蛇口本体の取り替え作業が

必要になることもございます。

 

単水栓蛇口の交換(札幌市清田区の蛇口修理事例)

20140908_182132.jpg

 

台所の蛇口の水漏れが止まらないということでお伺いした蛇口修理現場です。

台所についている水とお湯が別々の蛇口(単水栓)の

吐水パイプやハンドル根元など各箇所から水が漏れてきていました。

通常は各所パッキンの交換をするだけの簡単な修理で済むものですが、

蛇口が古すぎて、金属内部が削れたりしているようで

パッキンの交換だけでは症状が改善されませんでした。

そのため、今回は蛇口の交換へと作業を変更。

 

蛇口の交換の場合は、単水栓から混合水栓

(ひとつの蛇口で水とお湯が使用できる蛇口)に取り替えることが

可能なケースも多々ありますので、詳しくはお問い合わせください。

 

ビルの共用洗い場の蛇口交換(札幌市北区の蛇口修理事例)

20141002_135723.jpg

 

商用ビルの共用部に設置されている写真のような洗い場で

付いている蛇口から水漏れしているということで

ビル管理会社さんより蛇口修理依頼をいただきました。

シングルレバー方式の混合栓だったため、水漏れ修理には

内部部品の交換が必要な状況でしたが、

もともと取り付いてたレバー式の混合栓蛇口が海外製品だったため、

特殊なルートでしか流通しておらず、弊社では部品取り扱いができないものでした。

このような海外製品の場合は、通常ご自身でその建物を建てた建築業者などに

問い合わせていただくことになりますが、

今回は、ご依頼いただいた管理会社さまのご意向で

蛇口本体丸ごと、今後のメンテナンスの容易さも考えて

国内の有名水栓メーカーさんのものに交換して欲しいということでしたので

レバー蛇口(混合栓)本体交換にて完了しています。

 

シングルレバー蛇口の水漏れと故障(厚別区の蛇口修理事例)

20141002_135820.jpg

 

洗面台の蛇口のレバーハンドルが堅くなり、

さらにそのレバーの隙間あたりから水漏れもしてくるということで

厚別区のお客様より蛇口修理のご依頼を受けました。

 

このようなレバー式混合栓の場合には、

昔ながらのゴムパッキンが使われているわけではなく、

レバー内部に入っているカートリッジという

主要部品を使用して水を止めたり、外部に水漏れしたりしないようにしています。

今回はこのカートリッジが故障してしまったため

このような症状になっていたため、カートリッジ部品交換をして

水漏れの修理を完了させています。

今回の修理料金は ¥14000+税額となりました。

 

ユニットバスのシャワー蛇口の故障(東区の蛇口修理事例)

20141002_135838.jpg

 

こちらはユニットバスに取り付いている温度調整(サーモスタット)付きの

シャワー混合水栓です。

今回の案件では、この蛇口の吐水パイプ部分から

ハンドルを止水状態にしてもポタポタ水漏れするということでした。

 

サーモスタット式の蛇口の場合、

通常のパッキンではなく、各所にカートリッジや精密バルブなどが入っているため

故障や水漏れの場合には、これらの部品交換が必要になります。

 

今回は、止水バルブが磨耗してなかなか水が止まらない状態だったため

この部品を取り替えて蛇口修理完了しています。

料金は交換工賃含め ¥12000+税 となっています。

 

白石区の蛇口パッキンの交換

20141023_104352.jpg

 

ハンドルをぎっちり締めても、時間がたつと

吐水のパイプ先端から水がポタッ・・・ポタッ・・・・と

少しずつたれてきてしまうということで蛇口の水漏れをなおしてほしいと

白石区の賃貸アパートの入居者さまよりご連絡ありました。

 

写真のような水の蛇口とお湯の蛇口が

別々になっているタイプの蛇口の水漏れであれば

大半が中のゴムパッキンが劣化していることが原因です。

今回は、水とお湯の蛇口それぞれ分解して

内部のパッキンの交換をして修理可能でした。

 

豊平区の蛇口パッキン交換

20141023_104726.jpg

 

キッチンの蛇口のハンドルの根元付近で

水を出すたびにじんわりと水がもれてくると

豊平区のお客様より修理依頼があった件です。

 

このようなタイプの蛇口には

ハンドルの中にゴムパッキンが入っていて

このパッキンが悪くなってしまうと

水漏れしはじめることがあります。

今回はハンドル上部のパッキンを

水側・お湯側ともに取り替えて

今回の蛇口水漏れを修理しました。

 

ワンレバー式蛇口の水漏れ(厚別区の蛇口修理事例)

20141101_191903.jpg

 

厚別区のお客様より、洗面所の蛇口が

レバーを操作してもなかなか水がとまらず、

レバー部品のすき間からもじんわりと水漏れがしてくるということで

洗面所の混合栓修理のご依頼を受付ました。

写真のようなレバータイプの蛇口が水漏れした場合には

通常のパッキン交換ではなく、蛇口の中に入っている

カートリッジという部品で水を出したり止めたりしているため

このカートリッジの取り替えという内容の修理になります。

メーカーや型式により若干金額変動ありますが

今回の料金は¥14000+税額となりました。

 

ユニットバスの混合栓交換(東区の蛇口水漏れ事例)

efdcrg5467543.jpg

 

ユニットバスについている温度調整機能付きの

シャワー混合水栓が古くなって

あちこち水漏れしたり、ハンドルやレバーなどが

全体的に動かしにくくなってしまったため

丸ごと新しいものに取り替えてほしいということで

依頼をいただいた案件です。

あまり年数の使用した蛇口であれば、各所の部品交換をするよりも

今回のように新品に取り替えしたほうが良いケースも多々あります。

2ハンドル式のシャワー混合栓や、

写真のようなサーモスタット付きのシャワー水栓など

各種形状のもの、全般的に取扱いしています。

 

豊平区のキッチンのレバータイプ蛇口交換工事

ere344gth.jpg

 

古いキッチンの蛇口から水漏れがあり、

みてもらいたいということでご連絡があり、

現地にお伺いしました。

かなり使い込んでいる蛇口で、レバーは固定部が削れてがたつき、

内部のカートリッジは修理が必要、

吐水のパイプと一体になっている金属部品からは

腐食してじんわり水漏れ・・・など、あちこちの部分で修理が必要でした。

すべて直そうとすると、蛇口本体を交換できるほどの料金になってしまうため

お客様とご相談のうえ、新品へと取り替えする工事に切り替えることになりました。

せっかく取り替えをするなら・・・・ということで、

今回は蛇口の吐水口先端をシャワーに切替えできたり、

引き出して伸ばせるホース式のものに交換工事することになりました。