天井から水がもれてきた

CIMG0730.JPG

 

天井から突然水がポタポタ漏れてきてしまい、

水道の元栓を閉めてみると

水が止まったことから、水道管の異常だということがわかり

弊社に修理依頼いただいた札幌市北区のお客さま宅です。

 

こちらのお宅では、30年近く前の鉄製の水道管で

天井を部分的に開けて、天井裏の配管を確認すると

水道管が古くなって腐食した箇所から

水が霧状に吹き出しているのがわかりました。

 

このような場合には、水道管を部分的に取り換えたり、

専用の圧着部材を使用して修理するなどの方法で

水もれ修理をおこないます。

 

今回は、水もれ箇所前後の配管の取替えは

かなり手間がかかり、費用もかさんでしまうため

圧着修理部材を使用しての漏水修理をしました。

 

お住まいで使用している配管種類によっても

対処方法や費用に違いがありますので

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 

札幌市北区のトイレつまり

20160923_185333.jpg

 

トイレが突然つまってしまったと

札幌市北区にお住まいのお客さまより

緊急修理のご連絡をいただいた事例です。

 

詳しいお話しをお聞きしたところ、

トイレットペーパーがなくなったため

代わりに普通のティッシュペーパーを使用したとのことでした。

 

トイレットペーパーと違い、普通のティッシュというのは

非常に水に溶けにくく、

トイレットペーパーと同じように使用してしまうと

トイレ詰まりを引き起こしてしまうことがあります。

 

今回は、便器からローポンプといわれるトイレつまり修理器具を使い

圧力をかけて押し流していく工法で

トイレつまり改善させることができました。

このような簡易的なトイレつまり修理料金は

¥〜8000円 程度になります。

 

 

お風呂のシャワー蛇口の修理

20160317_170534.jpg

 

お風呂のシャワー蛇口を使用するたび

水がもれてきて気になるということで

シャワー蛇口修理のご依頼をいただいた案件です。

 

水とお湯側のハンドルが分かれている2ハンドルタイプの

シャワー混合水栓を使用されていて、

このお湯側ハンドルの根元から水が垂れてくる状態でした。

 

今回は、ハンドル内部を分解し、

中に入っているパッキンを取替えして

水漏れ修理することが可能でした。

今回の修理料金は ¥3000+消費税額となっています。

 

ただし、混合水栓からの水もれや故障がある場合、

簡易的なパッキンを交換することで対応可能なケースと、

内部部品を取り替えなければいけないケースとがあります。

 

ご使用の混合栓蛇口の型式や、症状などにより

対処方法が違いますので、詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 

洗面所の水つまり

20150723_092147.jpg

 

洗面所の水の流れが悪くなったということで

水つまり修理のご依頼をいただいた案件です。

 

一般的な洗面台の排水管というのは

プラスチック製の排水金具を使用しているため

容易に分解してのつまり除去が可能ですが

写真のような金属製の排水金具の場合は

金属の劣化具合などによっては

つまり除去時に破損してしまう可能性もあります。

 

そのため、慎重な作業が必要になるとともに

破損してしまった場合には

排水金具を一部交換しなければいけないケースも

予め想定していただくことになることもあります。

 

お風呂の換気扇の取り替え

20150102_223145.jpg

 

お風呂場の換気扇が古くなってしまうと、

まったく動かなくなってしまったり、

おかしな音がし始めることがあります。

 

機械製品のため、経年劣化や故障で

内部のモーター不良や電気系統の不良により

このような症状になってしまいます。

 

年数が経過したものであれば、修理することはできないため

換気扇そのものも交換する必要がでてきます。

 

一般的な形状の浴室換気扇は、天井に付いているものが多いですが

今回のお客さま宅では壁面設置タイプのものでした。

天井設置型のお風呂の換気扇交換は、

型式やサイズなどにより¥20000〜25000円ですが

形状や取付方法が特殊なものであれば

少々割高になるケースもあります。

 

 

トイレの水道管のつなぎ目から水がもれる

20141012_135258.jpg

 

トイレのタンクにつながっている水道管から

水がにじんできて、床に水たまりができるようになったと

水道修理のご依頼があった北区の事例です。

 

水道配管の途中に袋ナットがある形状のもので、

この接続部から水がにじんできている状態でした。

このようなケースでは、水道管を一部分解し

内部に入っているパッキンを交換することで

水漏れをなおすことが可能です。

今回の修理料金は ¥5000 + 消費税額となりました。

 

ただし、配管がねじこみで繋がっているものや

溶接されている配管などでは、

一部の配管交換が必要になってくるため

1万数千円〜2万円超の費用がかかることもあります。

 

洗面排水の水つまり修理

20151004_173525.jpg

 

洗面所の水の流れが悪く、

水を使うとすぐに洗い場のボウル部分に水が溜まってしまうと

水つまり修理のご依頼をいただいた案件です。

 

洗面排水のつまり除去は通常、

排水口付近から圧力をかけて修理する簡易除去方法と、

排水トラップといわれる器具を分解して

中に詰まっているものを取り除く除去方法とがあります。

 

ごく一般的な家庭の洗面排水は

プラスチック製の排水器具になっていて、

分解しての排水つまり修理の場合でも

¥8000円前後の費用で済むことがほとんどですが、

写真のような金属製の排水トラップの場合は

分解に手間がかかったり、

金属劣化による損傷の可能性があることなどから

プラスチック製の排水器具の場合と比べ

料金も少々高額になってしまうことがあります。

 

トイレにペーパーを流しすぎて水が詰まった

20150701_190516.jpg

 

トイレをつまらせてしまったということで

緊急修理のご依頼をいただいた

札幌市北区のトイレつまり事例です。

 

一気にトイレットペーパーを流し過ぎてしまったらしく

お伺い時には流れきらなかったペーパーのカスが

たくさん水面に浮き上がっている状態でした。

 

このように、ペーパー原因でのトイレつまりは

簡易的なつまり除去作業で改善できることがほとんどです。

今回はローポンプといわれる圧力をかけて

詰まり物を押し流すタイプの工具を利用し

簡易つまり修理完了しました。

 

症状により、若干料金に変動あるケースもありますが、

通常のトイレつまりであれば

上限金額として 〜¥8000円となります。

 

水道の元栓が固くなって操作できない

20150615_113515.jpg

 

水抜栓といわれる水道の元栓が

固着して操作できなくなることがあります。

一般的に、写真のようなレバータイプのものと

ハンドルを回していくと止水や開栓ができるものがあります。

 

どちらも内部構造は似ていて、

内部のパッキンや部品が劣化してしまうと

操作不良となり、動かないなどの症状が出てきます。

 

今回はレバー式の水抜き栓が固くなり

上げ下げできなくなったということで

修理にお伺いした札幌市北区の事例です。

 

このようなケースでは、まず元栓内部を分解し、

パッキンや部品が損傷・劣化していないかを

確認することからはじまります。

今回はしばらく元栓の操作をしていなかったことで

内部パッキンが固着してしまっていたため

各所専用のパッキン交換と調整で改善することができました。

 

水道管から水の流れる音がする

20141216_150157.jpg

 

アパートの1室で、室内で水を使用していないのに

常時水の流れるような音がするということで

調査のご依頼をいただいた案件です。

 

目に見えて漏水がないのにもかかわらず

水の流れる音が止まらなかったり

水道料金があからさまに高くなった場合には

非常にわかりにくい箇所から水漏れしている可能性があります。

 

調査したところ、建物の1階部分の車庫内から立ち上がっている

付近の地中部で漏水していることが判明しました。

 

今回は、立上がり水道管横にある

水抜栓内部の部品を取り替えることで

漏水状態が改善できました。

 

 

トイレの配管パイプから水が滴ってくる

IMG_20170605_094110.jpg

 

トイレに給水される箇所の配管パイプから

水がポタポタと滴ってくるということで

水漏れ修理のご依頼をいただいた北区の事例です。

 

トイレタンクに繋がっている水道管というのは

通常、フレキシブルの配管が使用されていて

固定するナット部分にゴムパッキンが入っています。

このパッキンが劣化してしまうと、水漏れが発生します。

このような場合には、ナット部分から配管パイプを外し、

新たなパッキンを交換することで症状改善できることがほとんどです。

ただし、前後の調整のため、複数個所のナット箇所を

取り外さなければいけないことも多々ありますので、

1ヶ所だけでなく、2〜3箇所のパッキンを併せて取り換えることになります。

 

作業料金としては、配管途中のパッキン交換の場合、

¥5000〜からの修理代金となります。

 

トイレに物を落としてしまった

IMG_20170429_161709.jpg

 

トイレに誤って異物を流してしまったため

その後トイレつまりを引き起こしてしまったということで

修理にお伺いした札幌市北区の事例です。

 

便器内に物を落としてしまうと、よほど小さなものでなければ

便器内に引っかかってしまいます。

そのため、簡易的な詰まり対応などでは改善させることができません。

 

このような場合には、いちどトイレを取り外し、

内部に落ちてしまっている異物を取り除かなければなりません。

設置されているトイレのタイプにより対処や工費が違ってきますが、

ごく一般的なトイレであれば、脱着と詰まりの除去で

¥20000〜25000内になります。

 

トイレを取り外すことで、交換しなければいけない部品がありますので

それらの部材代も含まれた金額になります。

ただし、システムトイレや、タンクレストイレなどを含めた

特殊形状のトイレの取り外しについては別料金になることもあります。

 

 

浴室シャワー蛇口の修理

IMG_20170417_160212.jpg

 

浴室のシャワー混合栓から、水漏れがするとのことで

お伺いした案件になります。

 

中間部分にあるシャワーと吐水パイプの切替バルブを操作しても

正常に切替できず、両側から水漏れがしてしまう症状と、

水抜き用のつまみ部分から漏水がありました。

 

このような水側とお湯側が別々な操作部になっている

ハンドルタイプの混合水栓の場合、

水漏れの箇所や症状によって、

パッキンの交換で簡易的に修理できる部分と、

部品などの取り換えをしなければいけない部分があります。

 

今回のケースであれば、

切替バルブ部については切替弁部品を交換し、

水抜きつまみ部分の漏水については

内部パッキンの交換だけで修理することができました。

(混合栓の種類や型式などによっても違いがあります。)

 

水抜き栓が回らない

IMG_20170412_160909.jpg

 

大半の木造住宅には、一戸建てでもアパートなどの集合住宅でも

水抜き栓といわれる、水落とし用の水道栓が付いています。

この水道の元栓である水抜栓が故障してしまうと、

操作ハンドルやレバーが動かなくなり

正常な操作ができず、水を止めることができなくなります。

 

水が止められないということは、

冬場の水落としができなくなりますし、

緊急の水漏れがあった場合に止水することもできなくなります。

 

この水抜栓が動かない、回らないなどの症状の場合は

いちど本体分解していくことで改善できることがほとんどです。

 

トイレの水が流れない

IMG_20170405_205039.jpg

 

トイレがつまってしまい、

トイレットペーパーや大便が流れないということで

急ぎのご依頼をいただきました。

 

お話しを伺うと、お子さんがトイレットペーパーを

多量に使ってしまったようで

直後、突然流れなくなってしまったとのことでした。

 

水に溶けやすいトイレットペーパーですが、

やはり一気に多量に流してしまうと

トイレつまりを引き起こすことになってしまいます。

多量のペーパーを使用する場合には

なるべく数回に分けて流していくようにしましょう。

 

今回は簡易的なトイレつまり処理で完了しました。

 

水道栓から水の音が止まらない

IMG_20170308_091357.jpg

 

水抜き栓と呼ばれる、水道の元栓の地中部分で

気付かないうちに漏水してしまっていることがあります。

 

このような場合、目に見える箇所には

水漏れしてこないことがほとんどです。

ただし、水が動いている音が常時聞こえたり、

水道メーターが動き続けてしまい

その結果、水道料金が高くなってしまうことがあります。

 

水抜き栓の漏水修理は通常、

内部に取り付いている部品の交換や、

その部品に組み合わさっているパッキンの取り替えで

水漏れ症状が改善できることがほとんどです。

 

どこからか床面に水がしみ出てくる場合の対処

IMG_20170312_114548.jpg

 

脱衣所付近の床面に水がしみ出てくるということで

緊急の修理対応をご依頼された現場です。

 

お伺いしてみると、かすかに水の動くシューッという音が壁の中から聞こえ、

床面は一面水浸しになってしまっていました。

 

このような場合には、水道管に何らかのトラブルがあり、

見えない壁の中や天井裏などで水漏れしている恐れがありますので、

早急にお部屋の水道の元栓を止めるとともに

できるだけ早く専門業者に依頼することが必要になってきます。

とくに、アパート・マンションの上階にお住まいの場合には

下の階に水が漏れていく可能性もありますので注意が必要です。

 

今回は水の音をたよりに、おおまかの箇所断定をし、

壁のボード・クロスを開口したところ、

配管に穴が空いているのがわかりました。

一部分のみの補修が可能な配管だったため、

部分取り換え工事をして作業完了しています。