札幌市東区のトイレ修理

2014112711060000.jpg

 

トイレの水が突然まったく止まらなくなったということで

トイレ修理のお電話をいただいた札幌市東区の事例です。

 

お伺いしてトイレタンクの内部調査をしてみると、

タンクの中の主要部品がひとつ破損していることが判明しました。

 

年数とともに経年劣化して、

破損したり、動きが悪くなるなどの症状はごく一般的にあるもので、

今回も年数が経過したことによる部品損傷となります。

 

トイレタンクの中の部品は、型式やメーカーにより

適合するものが決まっていますので、

どの箇所のどの部品を交換するのかにより

修理の料金が違ってくるものです。

 

ごく一般的な形状のトイレの水もれ修理は

交換部品により ¥6000〜16000円程度になります。

 

ガス給湯器下の水道管から水が漏れる

20160328_155052.jpg

 

ガス給湯器のまわりに密集しているあたりから

水がもれて、床が水びたしだということで

調査と修理のご依頼をいただいた東区の事例です。

 

どこから水が漏れてきているのか、

よくわからないということでご連絡があったため

まずは現地調査にお伺いしました。

 

ガス給湯器周りを確認させていただいたところ、

給湯器下の水道管のつなぎ目から水がじんわりと

漏れてきているのが判明したため、

水道管の一部取り替え作業にて漏水修理完了しています。

 

水道管からの水もれがある場合には、

その箇所により対処方法が違ってきます。

水道配管を一部交換する必要がある場合もあれば、

水道管途中のナット部分からの漏水の場合には

中に入っているパッキンの取り替えだけで済むこともあります。

また、水道管に接続されている器具や金具を

修理・交換しなければいけないケースもあります。

 

※ガス給湯器本体からの水もれや故障については

 弊社では対応しておりません。

 製造メーカーのメンテナンスや、ガス会社への

 修理ご連絡をお願いいたします。

 

札幌市東区の水道管の水もれ修理

20150908_113949.jpg

 

水道管に小さな穴があいて、そこから水が

霧状に吹き出してしまっていると

緊急修理依頼があった東区のお客さま宅です。

 

水道管も使用材質により、経年劣化による

ピンホール(配管に小さな穴があく状態)水漏れが起こります。

 

このような場合の修理は、水もれ箇所の前後を

あらたな水道管に取り換えることが必要になってきます。

 

また、お使いの水道管の材質によっても

修理の手間や作業費に違いがあります。

平均すると、1万数千円〜の修理費用となりますが、

状況や漏水箇所によって大幅に変動がある可能性があります。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

外の下水マンホールで水詰りが起こりやすい

20150720_114951.jpg

 

定期的に外の排水マス(敷地内排水のマンホール)が

詰まってしまい、室内の水の流れが悪くなるということで

調査のご依頼をいただいた案件です。

 

確認させていただくと、排水ますと接続している

排水の塩ビ管がずれてしまっていて

トイレ排水とともに流れてくるペーパーや便が

その箇所に引っかかりやすくなっていることが判明しました。

 

改善するには地盤を掘り起こして

劣化箇所前後を排水管交換する必要がありました。

また、排水ますと排水塩ビ管の接合部損傷のため

排水マスも併せて交換しなければいけないケースがほとんどです。

 

排水工事費用については、埋設深さや距離、

配管経路の複雑さや使用部材、地盤状況などで

大きく変動するものです。

気になる点がある場合には、お気軽にお見積依頼くださいませ。

 

トイレの水が止まらず、いつまでも便器に流れ込む

20150102_234911.jpg

 

トイレの便器の中に、いつも少量の水が流れて

水道料金も高くなっているということで

修理のご依頼をいただいた東区のお客さま宅です。

 

わずかな水量であるうちは、なかなかわかりにくいですが

劣化とともにどんどん症状は酷くなってくるものです。

 

このようなケースの原因は、

トイレタンクの中の部品の故障がほとんどになります。

今回は、トイレタンクの下部に設置されている

黒いゴム製の部品を取り替えることで修理完了しました。

 

今回の作業料金は、¥6000+消費税となりましたが、

どのようなトイレ形状でも、症状でも同様ではなく、

トイレ水漏れ症状や交換部品などにより料金に違いがあります。

 

札幌市東区のトイレつまり

20141216_145230.jpg

 

お子さんがトイレットペーパーを流しすぎ

うっかりトイレを詰まらせてしまったということで

水つまり修理のご依頼をいただいた東区の事例です。

 

トイレの便器の中というのは、臭気を防止するため

陶器内でかなり入り組んでいるつくりになっています。

 

そのため、多量のペーパーを流してしまうことでも

内部にひっかかってしまい、

水が流れなくなることがあるのです。

 

このような場合、トイレの便器内に圧力をかけて

中に引っかかっているペーパーや便を押し流す

簡易トイレ詰まり除去作業をすることになります。

 

トイレの形状や、水つまり症状にもよりますが、

通常は 〜¥8000円程度を上限として考えていただいています。

(本来トイレに流してはいけないような異物を流した場合には

 簡易つまり修理で対応できないため、

 トイレごと取り外すような大がかりな作業となります)

 

小便器の流れが悪い

20141225_155204.jpg

 

小便器の水の流れが悪く、

水がなかなか排出されないということで

ご依頼いただいた事例です。

 

小便器の場合、長年の汚れの蓄積により

排水経路が塞がり気味になることが

詰まりのパターンになってきます。

 

通常は、専用の薬剤を併用しながら

圧力工法による詰まり除去で

改善させることとなってきます。

 

フレーキ管(フレキシブル配管パイプ)からの水漏れ

20141101_160350.jpg

 

自在に曲げることのできる金属配管で、

写真のようなフレーキ管というものが

一般住宅にも箇所によって使用されています。

このフレキシブル配管のつなぎ目や、配管パイプ自体から

水漏れするケースが多々あるものです。

 

接続のナット部分にはたいていパッキンが入っているため、

パッキンの劣化による水もれは頻繁にあります。

また、自在に動く配管というのは、劣化もしやすい傾向があり、

年数の経過とともに配管パイプ自体から

腐食原因で水もれしてしまうケースもあります。

 

このタイプの水道修理は、

パッキンの交換の場合 ¥5000〜

配管パイプ交換の場合 ¥8000〜より となります。

 

トイレに持っている便座を取り付けてほしい

20140822_093547.jpg

 

東区のお客さまより、手持ちの便座を

自宅のトイレに取り付けてほしいというご依頼がありました。

今までのトイレには、普通の便座が取り付けてありましたが、

お知り合いから譲り受けた洗浄便座(ウォシュレット)を

取り付けだけしてほしいとご相談でした。

 

弊社では、便座本体の交換だけでなく、

お客さま持ち込みでの取り付け作業もおこなっています。

自分で取り付けるために、ホームセンターで購入したものの、

うまく設置できないので、取り付けてほしいなどというご依頼も

頻繁にあるものです。

 

このような場合、取り付けの作業工費は

¥8000〜になります。(基本料金の場合)

また、付属品の追加や、接続部のパッキンの交換、

配管の長さ調整などを伴っての交換作業の場合には

最大で¥〜12000ほど必要なケースもあります。

 

トイレが詰まって流れがおかしい

IMG_20170713_095619.jpg

 

頻繁にトイレの流れが悪くなってしまうということで

調査のご依頼をいただいた事例です。

トイレつまりというのは、便器内でペーパーや便が

偶然引っかかってしまう簡易的な詰まり症状と、

汚水の配管がおかしくなっているために起こる

配管異常でのつまりがあります。

 

簡易的なトイレつまりのケースでは、

トイレットペーパーの流し過ぎや、水量の足りなさなどで

便器内にタイミング悪く引っかかる症状で、

便器内から専用の器具をつかって圧力で押し流すことで

すぐに改善することが多いのです。

 

それに対して、排水管での異常があるケースでは、

地中に埋まっている排水管を掘り起こしたり、

排水マスを交換するなどの大がかりな工事になるものです。

 

今回は、外部の汚水管に異常があると判断し、

地盤を掘ってみたところ、トイレからつながっている汚水管が外れ、

地中内に汚水や汚物が逃げてしまっている状態でした。

破損している箇所前後の下水管を交換工事して

トイレの流れが正常に戻りました。

下水管の工事については、お住まいの排水のつくりにより

大幅に違いが出てきますので、まずは調査・お見積依頼から

お気軽にご連絡ください。

 

蛇口のレバー操作が重い

IMG_20170419_192644.jpg

 

レバータイプの混合水栓などで、

水を出したり止めたりするためのレバー部が

重くなったり、固くて動かなくなったり、

所定の位置まで上がりきらず(もしくは下がりきらず)

水が止まりきらなくなったりする症状があります。

 

このような事例では、混合栓内部に入っている

カートリッジという部品の劣化や故障が考えられます。

このカートリッジは、レバー操作部と直結でつながっているため、

この部品が悪くなって操作が重くなってしまうと

つながっているレバーハンドル部品にも負荷がかかってしまい

無理に使い続けているとレバー部品も折れてしまうということもあります。

 

カートリッジの部品交換については、一般的な混合水栓で

¥14000〜16000円(部材代・工費込み)程度となります。

ただし、年数が古く、部品供給が終了しているものや

長年の水垢で分解すべき箇所が固着してしまっているため

カートリッジ部の取り外しができないものであれば

混合栓本体を取り替えしなければいけないこともあります。

 

 

お風呂のシャワー混合栓の取替え

IMG_20170517_142256.jpg

 

お風呂場に付いているシャワー蛇口から水漏れするということで

東区にお住まいのお客さまより修理依頼がありました。

 

お伺いしたところ、今はすでに倒産してしまった、

MYM社(喜多村合金製作所)の製品でした。

このメーカーは現在一部の部品だけは他社で製造・供給されていますが、

故障個所や損傷箇所によっては、修理が効かない部分もあります。

 

今回は偏芯管といわれる蛇口取付金具のネジ部分が削れてしまい

漏水していましたが、適合部品の供給がすでに無いため、

混合栓本体ごとの交換をすることになりました。

 

弊社では、シャワー混合栓の交換の場合、

逆止弁付き・切替ワンストップ操作ができるタイプのもので、

交換工費込み¥25000より承っています。

(壁面に設置されている形状の場合)

 

排水管や汚水マス付近からの水漏れ

IMG_20170601_101034.jpg

 

外に設置されている汚水マス(敷地内マンホール)のまわりの土が

掘れて穴が空いてきたため、内部を確認すると

どうやら汚水が漏れているようだということで

修理のご依頼をいただきました。

 

地盤の変化や、冬場の積雪の影響で

地中内に埋まっている排水管などが損傷してしまうことがあります。

今回も掘り起こしてみると、配管が割れてしまい

かなりの量の汚水が地中に流れ出てしまっていたようでした。

 

付近の排水管や汚水マスを施工できる範囲まで掘り起こし、

破損個所の排水工事をすることになりました。

このような排水工事については、原則として

現地を確認しなければ、概算金額すらも出すことは難しいものです。

お住まいの排水経路や深さ、症状や勾配が取れるかどうかなどで

同じような距離であっても大幅に料金が違ってきます。

また、地盤が掘りやすい土なのかアスファルトなのか、

付近にガス管や埋設水道管が埋まっている可能性がないか、

地盤を掘るのに十分なスペースがあるのかなどにより

施工の手間も違ってきます。

 

まずは、現地確認を含めたお見積をご依頼ください。

 

急ぎのトイレつまり修理

IMG_20170302_212723.jpg

 

急にトイレがつまって、水があふれてくるということで

緊急のトイレ修理のご依頼がありました。

 

特別な異物などを流したわけではなく、

トイレットペーパーの流しすぎか、

大便の引っかかりなどによる軽微なトイレつまりでした。

 

作業は、簡易的な圧力除去工法にて

10分程度で修理完了しました。

ごく一般的なトイレ詰まり症状の場合、

費用は ¥〜8000でおさまります。

 

洗面所下の収納扉の中で水もれ

IMG_20170419_192608.jpg

 

洗面化粧台の下の収納扉内で水がもれてくると

東区のお客さまより修理のご依頼をいただきました。

 

確認させていただくと、

排水器具の途中箇所からの漏水があり、

水を使うたびにそこから水漏れしている状態でした。

 

排水器具には、専用パッキンを使って

接続している箇所があり、その部分からの水もれであれば

分解して専用パッキンを取り換えることで修理が可能です。

ただし、排水器具自体の損傷などがあるケースでは

排水器具丸ごと部品交換しなければいけないこともあります。

 

また、汎用的な口径や形状ではない排水器具も中にはありますので、

部分修理では対応できないというようなことになる場合もございます。

まずは、現地を見させていただいての判断となりますので

お気軽にご相談ください。

 

蛇口の水漏れ パッキンの交換

IMG_20170328_095308.jpg

 

こちらの写真に写っている昔ながらの蛇口から水漏れの場合、

通常は簡易的な修理で完了することがほとんどです。

 

内部にはごく汎用品のゴムパッキンが入っているため

それが劣化してしまうと水漏れしてしまうことになります。

1ヶ所のみのパッキン交換で修理できる場合には

¥3000程度の作業料金となります。

 

ただし、一部の特殊メーカー、特殊形状の場合には

汎用品のパッキンが使えないものもあり、

その場合には少々割高な料金になるケースもあります。

 

また、蛇口内部の金属劣化がひどい場合には

パッキンを取り替えても水もれ症状が改善せず、

金具部品を取り換えたり、

蛇口そのものを交換しなければいけない場合もございます。