トイレの流れが悪い(下水のトラブル)

IMG_0146.JPG

 

トイレの流れがおかしいということで修理にお伺いした

札幌市白石区のお客さま宅です。

 

しばらく前から、トイレの流れ方に違和感があったようで、

しだいにトイレ内の汚物が流れにくくなったため

トイレ詰まりだと思い、弊社に修理依頼いただいたようです。

 

実際にお伺いしてみると、トイレ自体で詰まっているわけではなく、

外の下水で異常があるため、その影響で

トイレの水の流れも妨げられてしまっている状況でした。

 

トイレの外側にある汚水ますのフタを開けると

中には汚水がいっぱいに溢れてしまっているのがわかったため

外部汚水管の高圧洗浄作業をすることになりました。

 

家の外の下水で詰まりがあると、

トイレのように一気に水量を流すような水まわり箇所や

詰まっている経路にいちばん近い水まわり箇所の流れが

あからさまに悪くなることがあります。

ただし、原因が室内の排水まわりでの詰まりではない

今回のような外部排水・下水つまりのケースでは、

手間のかかる大がかりな作業になることがあります。

 

洗面所の水道修理

2013120415400001.jpg

 

洗面所の収納スペース内に設置されている

水道器具からポタポタ水がもれてくるということで

水道修理のご依頼をいただいた札幌市白石区の事例です。

 

洗面台の下や、流し台の下などには

冬場の凍結防止のための水抜き金具や

一時的に止水することができるような

止水栓が取り付いているケースが多く

これらの金具が劣化して水もれを起こしてしまうことも多々あります。

 

今回は止水栓金具のハンドル部付近から水がもれ、

洗面下収納スペース内が湿気や水の影響で

腐りかけてしまっている状態でした。

 

修理箇所は、汎用的なパッキンの交換が可能な箇所だったため、

軽微な水道修理で済みました。

 

外のマンホールでつまっている

1326685404773.jpg

 

お住まいの建物の敷地内には必ず

室内の排水が流れ出てくる経路に数箇所、

コンクリートや塩ビのマンホール(排水ます)が設置されています。

 

外部の排水管やマンホールそのものの劣化や異常により

この外にあるマンホールでつまりが起こることが多々あります。

 

外の排水が詰まることにより、

必然的に室内の水の流れも悪くなるものです。

とくに、トイレなどの多量に水を排出する構造の水まわり箇所で

水の流れ方がおかしい症状が顕著に見えてきます。

 

このような場合には、外部排水管の中を

高圧洗浄機を使用した清掃作業や

専用の電動ワイヤー機器を使用して内部の詰まりを砕き流すなどの

手間のかかる作業になることが大半です。

 

詰まっている距離や、排水管構造や経路により

料金に違いがありますが、

平均すると ¥25000〜35000円程度になります。

ただし、冬場の積雪時の作業や、破損があることによって

排水管の中に砂利や草木の根が入り込んでいるケースなどでは

別途料金が発生してしまうことがあります。

 

洗濯蛇口から水がもれる

20160926_102323.jpg

 

洗濯機とつなげている蛇口付近から

水がポタポタもれて、床が水びたしになるということで

修理のご依頼があった札幌市白石区のお客さま宅です。

 

今回は、洗濯機につなげる給水ホースと

蛇口の接続箇所から水が漏れていたため

接続部分の部品交換をする必要がありました。

 

このような場合の接合部品取り替えは

¥6000〜程度の料金になることが多く、

部品の変形や摩耗が原因となるため

パッキン交換などでは対処できないことがほとんどです。

 

こちらのお客さま宅では、蛇口の吐水部分が

長年の給水ホース接続により不可がかかり

変形してしまっていたため、吐水先端部品の

取り替え作業で修理完了しました。

 

洗濯パンの水つまり・排水逆流

20160926_102314.jpg

 

洗濯パンを使用している札幌市白石区のお住まいで

洗濯機の脱水をすると、排水口から水が逆流して

洗濯パンから溢れそうになってくるということで

排水つまり修理のご依頼があった事例です。

 

排水口や排水管内で詰まりがおこると

洗濯機の脱水時に排水の妨げになるため

流しきれずに逆流してしまうことがあります。

 

また、洗濯機によっては、排水口詰まりがあることで

作動エラーになり、洗濯機が止まってしまうこともあります。

 

このような排水口での詰まり除去は

プラスチック製排水口の場合には

¥8000円程度の料金となります。

(鉄製排水口の場合には¥10000〜15000円程度、

 状況によりお断りする場合もございます)

 

 

家の外のマンホールまわりが陥没してきた

20160426_111524.jpg

 

家の敷地内にあるマンホールのまわりが

しだいに陥没して、まわりの土が削れてしまっていたため

調査のご依頼があった事例です。

 

このように、排水まわりで地盤の削れがあったり

陥没して土がえぐれてしまっている場合には

水が地中で漏れてしまっている可能性があります。

 

パターンとして多いのは、排水マンホールや

排水管の接合部付近で、破損や接続部不良があり、

そこから排水の水が管やマンホール外に

逃げてしまうことで地面まで流れ出てしまうことになります。

 

その結果、地中深くで土がえぐられ、

時間差で地盤表面の土がへっこんで

最終的には激しい陥没となってしまうのです。

 

このような場合には、原則地面を掘り起こして

マンホールや排水管を部分的に交換する必要が出てきます。

工事の費用については、現地状況により大幅に違ってきますので、

まずは現地調査をご依頼ください。

 

洗面所の洗髪用蛇口から水がもれる

20160506_132957.jpg

 

洗面の洗髪用シャワーの吐水部付近から

水を出すたびに多量に漏水するということで

水道修理の依頼をいただいた事例です。

 

シャンプードレッサー用の洗面シャワー蛇口は

ホースを引き延ばして使用できる形状が多く、

このシャワーホースが亀裂していることが大半の原因となります。

 

また、このような洗面混合栓の部品というのは

各所その混合水栓に適合した部品を使用することが必要です。

どのような形状でも取り付けられる汎用品はありませんので、

まずは、シャワー蛇口の確認と故障個所の判断をすることになります。

 

使用されている混合水栓メーカーによっては、

部品を取り寄せになるケースもありますので、

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 

 

札幌市白石区の台所の蛇口修理

20160317_162753.jpg

 

台所の蛇口から水が垂れてくるということで

白石区にお住まいのお客さまより修理依頼がありました。

 

この蛇口は、単水栓といわれる蛇口で

近年使用されている混合水栓ではなく

水の蛇口とお湯の蛇口が別々になっている

昔ながらの形状のものになります。

 

今回、蛇口先端の吐水パイプ(水が実際に出てくる部分)から

水を出すと側面からも水漏れしてしまうということでした。

 

このようなタイプの蛇口は各所にパッキンが入っていて

そのパッキンの交換で水漏れ修理できることがほとんどですが、

今回は吐水パイプ自体に小さな穴があいてしまっていて

パッキンの取替えでは修繕できない症状でした。

 

今回は、蛇口の吐水部のパイプ部品を新しいものに交換し

水漏れ改善することができました。

吐水パイプは様々な長さや口径があり、

使用部材により料金に変動がありますが、

一般的なものであれば ¥6000〜からの修理料金となります。

 

給湯器ボイラーの水道から水もれ

20151127_140118.jpg

 

床に置くタイプの給湯ボイラーのまわりから

水がにじんできているということで

水もれ調査のご依頼をいただいた白石区の事例です。

 

何が原因なのかわからないということだったため

お伺いして現地確認させていただきました。

調査したところ、ボイラー横につながっている

水道配管部分から劣化原因での水もれが見つかりましたので

その付近の水道管を取り換えて修理完了しています。

 

今回は配管からの漏水でしたが、ほかにも

各器具や金具からの水もれや、

給湯器ボイラー本体からの水漏れのケースなども考えられます。

 

水漏れ箇所が不明な場合には

調査作業も承りますので、お気軽にご相談ください。

 

トイレの水つまり

20141205_195912.jpg

 

トイレが詰まってしまい、水を流すと

溢れ上がってきてしまい、水が引いていくまでに

かなりの時間がかかってしまう状態でした。

 

トイレというのは、普通どおりに使っているつもりでも

偶然つまりを起こしてしまうこともあります。

ペーパーの流し過ぎや、大便の引っかかりなどが原因での

トイレつまりは非常に多いものです。

 

このような簡易的なトイレつまりの場合は

便器部分から圧力をかけて詰まっているものを除去する

簡易工法での対処となってきます。

 

簡易作業でのトイレつまり修理は

¥〜8000円程度の作業料金となります。

 

下水のマンホールますから水が漏れている

20141008_091948.jpg

 

敷地の外側の地面に埋まっている

排水ますとも言われるマンホールから

下水が漏れてきて、付近の地面に溢れた汚水が

広がってしまい、ひどい匂いがしてくるということで

下水あふれの修理のご依頼をいただきました。

 

このような外部排水マンホールでの詰まりがある場合には、

地中を通っている排水管に詰まりや何らかの異常があり

汚水や雑排水がキレイに流れていかなくなってしまっているのです。

通常は、高圧洗浄機を使用しての排水管清掃と詰まり除去をおこない、

つまり症状を改善させる対応となります。

 

高圧洗浄による排水管清掃では、基本料金¥25000〜ですが、

これらの外部作業は、季節により作業のしやすさが違いますので、

冬場の積雪時や、地盤が凍りかけている場合などには

別途費用が必要になります。

また、詰まり症状の酷さや、距離などによっても

別途費用が加算になることがあります。

 

 

トイレの水があふれて、なかなか流れていかない

20140822_093628.jpg

 

トイレが詰まってしまったのか、水を流すと

水位が溢れ上がり、なかなか引いていかないということで

トイレ修理のご依頼をいただいた白石区の事例です。

 

トイレというのは、おかしなものを流さなくても

トイレットペーパーの使いすぎなどでも

詰まりを引き起こしてしまうことがあります。

 

ペーパー使用量がたまたま多かったり、

大便量によって便器内部で引っかかったりなど

普通に使っていると思っても、様々な要因で

偶然にトイレつまりが起きてしまうことはあります。

 

また、節水型トイレなどでは、水の量の影響で

多量のペーパーや便を流したときには

便器内に停滞してしまうこともありますので

程度を考えて使用しなければいけません。

 

トイレつまり修理は、便器のタイプなどによっても異なりますが

簡易的なつまり症状であれば、〜¥8000でおさまります。

 

 

排水管の交換工事

IMG_20170713_095613.jpg

 

排水が通っている付近の土が掘れてきているということで

調査にお伺いした案件です。

 

外観から確認したところ、地中に埋まっている排水管が

割れていてか外れていてか、管の外に水がもれ

地面の土が水の流れで削られてきているのが判明しました。

 

このようなケースでは、見える範囲で修繕することはできません。

地面の土砂を掘り起こし、地中に埋設されている

排水管を一部取り換えるという大々的な工事になってきます。

 

排水の工事は、地盤の状況や前後の排水管経路、

掘る深さや、接続・合流箇所のスペースが十分かなどにより

工事代金が大幅に違ってきます。

まずは、現地を確認させていただき、

お見積からスタートとなります。

 

 

 

シャワーの根元から水漏れする

IMG_20170615_145626.jpg

 

今回は、洗面所のシャワー水栓から水漏れすると

札幌市白石区のお客さまより修理依頼があった事例です。

 

近年は、お風呂場だけでなく、

洗面や流しの混合水栓もシャワータイプのカランが付いているのが

戸建て住宅ではごく一般的になってきています。

これらのシャワーヘッドやシャワーホースには

他の製品との互換性があるものと、そうでないものがあります。

とくに、洗面台シャワーや、キッチンのシャワー蛇口については

決まった部品や、専用パッキンでなければ

修理ができないものが多くあります。

 

今回はシャワーヘッド部分の根元あたりから

使用するたびに水もれがするということでのご依頼でした。

シャワー水栓の種類により、漏水の改善には

部品を取り替えるしかないものも多数存在しますが、

今回のお客さま宅の混合栓では、専用のパッキンであれば

修理可能な箇所からの水漏れだったため、

軽微な修理対応で直すことができました。

 

ハンドルを締めても蛇口の水が止まりきらない

IMG_20170517_1422270.jpg

 

ハンドルを回して開閉するタイプの混合栓蛇口で

ハンドル部分を力いっぱいきつく閉めても

吐水からの水がポタポタと止まりきらないということで

修理依頼をいただいた白石区の事例です。

 

このような2ハンドル(もしくは2バルブ)といわれる

手回しハンドルタイプの混合水栓の場合、

内部には昔ながらの汎用パッキンが入っていることがほとんどです。

ハンドルを締めても水が止まらないということは、

内部のパッキンが摩耗している可能性があります。

 

汎用パッキンの交換で済む場合は、

¥3000〜の料金となっております。

 

また、内部部品や蛇口本体の金属削れによる水漏れのケースもあり、

年数の経過していればしているほど

パッキン以外の箇所での摩耗や損傷がある可能性が高くなります。

ただし、外観からは判断できないことが大半ですので

水漏れの場合には、まずはパッキンの取り替えをしてみて、

不調があれば、部品を取り替えてみるというように

簡易的な作業から順におこない、

都度状況を確認していく対応になることもあります。

 

水道管の破裂修理(配管一部交換)

IMG_20170404_141103.jpg

 

冬場の冷え込む時期などに、

きちんとした手順で水落としをしなければ、

水道管内に残ってしまった水が凍ってしまうことで

管内で膨張し、水道管が裂けてしまう現象を破裂といいます。

 

とくに、蛇口付近や、写真のような給湯器付近は

所定の水落とし方法を守らなければ、

水が残ってしまい、水道管だけでなく、器具や水栓まで

損傷してしまうおそれがある箇所です。

 

今回の事例では、最低限の水落としはしていたものの、

やはり手順に不十分な部分があったため、

水道管が一部破裂してしまっていました。

破損個所の水道管を一部取り替え、修理完了しています。

 

水抜き栓の漏水修理

IMG_20170308_092046.jpg

 

こちらは、水道元栓の漏水修理でお伺いした事例です。

札幌市の水道局から、室内で水漏れがあり

水道料金が高額になっているという指摘がお客さまへあったようで、

弊社に調査と修理のご依頼をいただきました。

 

お住まいに設置されている水抜き栓の種類によっても違いますが、

通常は内部のパッキンを数箇所交換するか、

部品を取り替えることで漏水の症状改善できることが大半です。

 

修理後には、水道局へ高額になった水道料金の

免額申請もおこなうことができますので

お気軽にお問い合わせください。