トイレの水があふれて、なかなか流れていかない

20140822_093628.jpg

 

トイレが詰まってしまったのか、水を流すと

水位が溢れ上がり、なかなか引いていかないということで

トイレ修理のご依頼をいただいた白石区の事例です。

 

トイレというのは、おかしなものを流さなくても

トイレットペーパーの使いすぎなどでも

詰まりを引き起こしてしまうことがあります。

 

ペーパー使用量がたまたま多かったり、

大便量によって便器内部で引っかかったりなど

普通に使っていると思っても、様々な要因で

偶然にトイレつまりが起きてしまうことはあります。

 

また、節水型トイレなどでは、水の量の影響で

多量のペーパーや便を流したときには

便器内に停滞してしまうこともありますので

程度を考えて使用しなければいけません。

 

トイレつまり修理は、便器のタイプなどによっても異なりますが

簡易的なつまり症状であれば、〜¥8000でおさまります。

 

 

排水管の交換工事

IMG_20170713_095613.jpg

 

排水が通っている付近の土が掘れてきているということで

調査にお伺いした案件です。

 

外観から確認したところ、地中に埋まっている排水管が

割れていてか外れていてか、管の外に水がもれ

地面の土が水の流れで削られてきているのが判明しました。

 

このようなケースでは、見える範囲で修繕することはできません。

地面の土砂を掘り起こし、地中に埋設されている

排水管を一部取り換えるという大々的な工事になってきます。

 

排水の工事は、地盤の状況や前後の排水管経路、

掘る深さや、接続・合流箇所のスペースが十分かなどにより

工事代金が大幅に違ってきます。

まずは、現地を確認させていただき、

お見積からスタートとなります。

 

 

 

シャワーの根元から水漏れする

IMG_20170615_145626.jpg

 

今回は、洗面所のシャワー水栓から水漏れすると

札幌市白石区のお客さまより修理依頼があった事例です。

 

近年は、お風呂場だけでなく、

洗面や流しの混合水栓もシャワータイプのカランが付いているのが

戸建て住宅ではごく一般的になってきています。

これらのシャワーヘッドやシャワーホースには

他の製品との互換性があるものと、そうでないものがあります。

とくに、洗面台シャワーや、キッチンのシャワー蛇口については

決まった部品や、専用パッキンでなければ

修理ができないものが多くあります。

 

今回はシャワーヘッド部分の根元あたりから

使用するたびに水もれがするということでのご依頼でした。

シャワー水栓の種類により、漏水の改善には

部品を取り替えるしかないものも多数存在しますが、

今回のお客さま宅の混合栓では、専用のパッキンであれば

修理可能な箇所からの水漏れだったため、

軽微な修理対応で直すことができました。

 

ハンドルを締めても蛇口の水が止まりきらない

IMG_20170517_1422270.jpg

 

ハンドルを回して開閉するタイプの混合栓蛇口で

ハンドル部分を力いっぱいきつく閉めても

吐水からの水がポタポタと止まりきらないということで

修理依頼をいただいた白石区の事例です。

 

このような2ハンドル(もしくは2バルブ)といわれる

手回しハンドルタイプの混合水栓の場合、

内部には昔ながらの汎用パッキンが入っていることがほとんどです。

ハンドルを締めても水が止まらないということは、

内部のパッキンが摩耗している可能性があります。

 

汎用パッキンの交換で済む場合は、

¥3000〜の料金となっております。

 

また、内部部品や蛇口本体の金属削れによる水漏れのケースもあり、

年数の経過していればしているほど

パッキン以外の箇所での摩耗や損傷がある可能性が高くなります。

ただし、外観からは判断できないことが大半ですので

水漏れの場合には、まずはパッキンの取り替えをしてみて、

不調があれば、部品を取り替えてみるというように

簡易的な作業から順におこない、

都度状況を確認していく対応になることもあります。

 

水道管の破裂修理(配管一部交換)

IMG_20170404_141103.jpg

 

冬場の冷え込む時期などに、

きちんとした手順で水落としをしなければ、

水道管内に残ってしまった水が凍ってしまうことで

管内で膨張し、水道管が裂けてしまう現象を破裂といいます。

 

とくに、蛇口付近や、写真のような給湯器付近は

所定の水落とし方法を守らなければ、

水が残ってしまい、水道管だけでなく、器具や水栓まで

損傷してしまうおそれがある箇所です。

 

今回の事例では、最低限の水落としはしていたものの、

やはり手順に不十分な部分があったため、

水道管が一部破裂してしまっていました。

破損個所の水道管を一部取り替え、修理完了しています。

 

水抜き栓の漏水修理

IMG_20170308_092046.jpg

 

こちらは、水道元栓の漏水修理でお伺いした事例です。

札幌市の水道局から、室内で水漏れがあり

水道料金が高額になっているという指摘がお客さまへあったようで、

弊社に調査と修理のご依頼をいただきました。

 

お住まいに設置されている水抜き栓の種類によっても違いますが、

通常は内部のパッキンを数箇所交換するか、

部品を取り替えることで漏水の症状改善できることが大半です。

 

修理後には、水道局へ高額になった水道料金の

免額申請もおこなうことができますので

お気軽にお問い合わせください。