車庫内排水管からの水漏れ

20141216_150244.jpg

 

1階部分が車庫と物置スペースになっているお住まいで

その中の天井部を通っている排水のパイプ付近から

水が漏れてくるということで

調査と修理にお伺いした豊平区の事例です。

 

このような場合、まずはどこからの水もれなのかを

判断していくことが先決になります。

上階から水漏れしたものが、つたって漏れているケースもあれば

見えている箇所で直接漏水があることも考えられるからです。

 

今回は調査したところ、水漏れ症状が出ていた箇所の上階で

実際には水漏れがあり、それがパイプや様々なものをつたって

下の車庫内に漏れていたようでした。

このように、下階の天井部水漏れの場合には

上階の調査も併せておこなわなければ、判断できないこともあります。

とくに、アパート・マンションなどの集合住宅の

天井からの水漏れなどでは、上階の調査も必須となってきます。

 

 

トイレの洗浄便座(ウォシュレット)が壊れた

20141213_182337.jpg

 

トイレの洗浄便座(ウォシュレット・シャワートイレ)などが

壊れてしまうことがあります。

通常、内部の故障や、機械内部からの水漏れであれば

製造メーカーへの修理が必要になってきますので

製品のメーカーへ直接修理依頼をしていただくことになります。

 

ただし、年数の経過した古い製品の場合、

メーカーでも修理対応をしていないケースが多々あります。

 

今回の事例では、便座の蓋カバーが破損してしまい

メーカーに問い合わせたものの、

非常に高額な修理料金が必要なために

ウォシュレット本体を取り替えることにした事例です。

 

ごく汎用グレードの洗浄便座で弊社指定品であれば、

¥35000〜(本体・交換費用・廃材処理費)で

新しいものに取り換えることができます。

年数の古い洗浄便座であれば、修理費用と

今後の製品耐久年数なども考慮して

丸ごと新しいものに交換するほうが良いケースもあります。

 

トイレの小便器の水が流れにくくなっている

20141118_200453.jpg

 

こちらは、男性用トイレの小便器の

詰まり修理時の事例です。

大便器はトイレットペーパーや汚物の一時的な引っかかりににより

詰まりを発生してしまうのに対し、

小便器の詰まりは、尿石といわれる小便内の要素が蓄積して

詰まってしまうものになります。

 

一時的な引っかかりでの詰まりと違い、

非常に頑固で除去に苦労することも多々あります。

専用の薬剤なども併用しての対処となりますので

症状が酷ければ酷いほど、薬剤使用量や手間がかかるものです。

詰まり修理料金は 基本料金¥8000〜ですが、

状況により大幅に違ってくることもございます。

 

室内の排水が流れにくくなってきた

IMG_20170531_100825.jpg

 

室内の水の流れが普段から悪く、

頻繁に詰まったような症状になるため

いちど見てほしいということでご依頼があった

札幌市豊平区の修理事例になります。

 

室内の排水は最終的に敷地内にある外の排水桝に流れ、

それが札幌市の下水管へと送られるものです。

室内の水の流れが全体的に悪いのであれば

まず、外のマンホール桝や排水管内で

詰りが起きていたり、詰まりが起きやすい原因がある可能性があります。

 

今回は外部の調査をしたところ、

排水桝の付近の地盤が陥没して土が掘れていたため

お客さまと打ち合わせのうえ、地盤を掘り起こし

埋設の排水管を露出させました。

その結果、排水管が一部外れてしまっていて、

その箇所にまわりの土が入り込んでいました。

これが原因で、詰まり症状が常にあったようですので、

前後の排水管を取り替える工事となりました。

 

水の流れがおかしい、詰まりやすい、などの場合には

何らかの原因が排水内にあるはずです。

外観から目視で判断するお見積りであれば

無料で受付していますので、お困り事があれば

お気軽にお電話ください。

 

トイレタンクの上の吐水部からの水が出てこない

IMG_20170418_135025.jpg

 

トイレのタンクの上の蓋部分に、

手洗い用吐水部が付いているものがよくあります。

水道管の詰まりや、トイレタンク内の部品不良により、

この部分からの水の出が悪くなったり、

まったく水が出なくなるなどのケースがあります。

 

このような事例では、まずタンク内の部品を脱着したり、

配管部を一部取り外したりして、原因を断定していきます。

トイレタンク内部金具の中で不調がある場合には

部品の取り替えが必要になることもありますし、

水道管が古くてサビつまりによって水量が細くなっている場合には

サビの除去や、配管の取り替えなどの対処になることもあります。

 

水道管の水もれ修理

IMG_20170328_095303.jpg

 

水道管に小さな穴があいて、

水が常時吹き出してしまっているということで

豊平区のお客さまより修理依頼がありました。

 

水道配管というのは、経年の劣化や電蝕によって

腐ってしまったり、細かな穴があいてしまうピンホール症状になることがあります。

 

今回の事例の水道管は銅の配管のため、

腐食しても腐って折れたりすることはないのですが、

そのかわり配管表面に針の穴くらいの小さな穴があいてしまい

今回のように水がもれて止まらなくなることがあるのです。

 

このような場合、目に見える箇所であれば

一部を配管カットして、部分取り替えすることが可能です。

(但し、配管の種類により、部分交換ができないものもあります)

 

水抜き栓から常に水の音が聞こえる

IMG_20170306_134010.jpg

 

知らない間に見えない箇所で漏水するということがあります。

どこからか、水の流れる音がするけれども

見える箇所であからさまに水漏れしてきているわけではない場合

水抜き栓(水道の元栓)の地中部分で漏水している可能性があります。

 

この水抜栓の内部には、部品や数箇所の専用パッキンがあるため

それらが劣化していると、地中内へ常に水漏れしてしまいます。

 

放っておくと、水道料金が高額になったり、

地中への漏水が原因で

お住まいの地盤が下がってしまうこともありえます。

漏水が確認できた場合には、お早目の対処が必要です。