洗面手洗い器の配管から水がもれる

20141216_145254.jpg

 

手洗い場が設置されているお宅で、

配管パイプから水を流すたびに水漏れしてくるということで

修理のご依頼があった案件です。

 

写真のような銀色の太い排水管は

接続ナット箇所にそれぞれパッキンが入っていて

これらが劣化してくると水漏れを起こすことになります。

また、この配管パイプは金属製ですので、

金属の摩耗や劣化により、ひび割れしたり

腐食してもろくなってしまうことがあります。

 

古い金属パイプの場合は、一部を取り外して修理しようとすると

劣化のひどい箇所から次々水漏れしたり、

配管パイプが損傷したりすることが多いため、

どんな状況になっても良いように予め修理金額帯に

幅を持たせて考えていただくことがあります。

 

トイレ(小便器)の流れが悪い

20141202_143939.jpg

 

会社事務所の男子トイレの小便器で

年々水の排水状況が悪くなっているということで

修理のご依頼をいただいた事例です。

 

小便器は通常、固形の汚物を流すものではないため、

大便器に比べて詰まりが起きにくいものですが、

それでも長年の汚れや、小便の付着物などにより

排水経路が狭まってしまうことがあります。

 

このような場合には、専用の業務用薬品などを併用して

付着している汚れや尿石と溶かしながら

トイレつまり除去をおこなうことになります。

どの程度ひどい状況なのかによって

使用する薬剤量が違ってきますので

それにより料金形態に変動がありますが、

基本料金¥8000〜+薬剤費となってきます。

 

トイレの便器に水がずっと流れたままになっている

20141101_160344.jpg

 

トイレを使っていないときでも

常に便器内に水がチョロチョロ流れたままにしていると

南区のお客さまより修理のご依頼がありました。

 

トイレタンクの中には、いくつかの種類の部品が入っていますが

どの部品が故障したとしても、

このような水漏れにつながります。

 

トイレタンク内の部品の故障修理は

交換する部品により¥6000〜16000円程度の

幅があります。(汎用タイプのトイレタンク部品の場合)

 

今回は、オーバーフロー管といわれる

筒状の部品が根元から折れてしまっていたため

適合する部品を取り替えて修理完了しました。

部品交換に伴い、トイレタンクを取り外したり、

配管パイプをいちど外さなければいけないケースもあるため

オーバーフロー管の交換時には

上記金額帯の上限額を考えていただくことになります。

 

水抜き栓が固くて回らない

20140905_144319.jpg

 

古いタイプの水抜き栓が回らず

ハンドル操作できないということで修理依頼がありました。

 

水抜き栓というのは、室内の水道の元栓のことで

何かトラブルがあり、水を止めたい場合や

冬場の水落としをするときなどに使用するものです。

 

この水抜きのハンドルが回らないというのは

地中部に埋まっている本体内部の不調によるものですので

水抜栓をいちど分解して、内部調整をしたり、

中のパッキンや部品の取り替えが必要になることもあります。

 

お住まいのつくりによって、水抜き栓の構造が違うこともありますし、

水抜き栓の年式や種類によっても

対処方法が違うこともありますので、

詳しくはお問い合わせください。

 

 

お風呂場の排水の流れが悪い

110818_172318.jpg

 

築年数の古いマンションで、

お風呂場の水の流れが最近悪くなってきたということで

修理のご依頼をいただいた事例です。

 

お伺いしてみると、一般的なプラスチック製の排水口ではなく、

古い鉄筋マンションなどで見かける

鉄製の排水口となっていました。

 

このような鉄製の排水口の場合、

内部に水がたまって排水の臭気を防ぐつくりになっているため

年数とともに内部がサビ付着してしまい、

そこに髪の毛などが引っかかって、排水詰まりを引き起こします。

 

これらの鉄の排水口では、構造や症状によっては

対処が非常に難しい場合や、

簡易的な修繕レベルでは対処できないこともあります。

 

今回の事例では、内部の錆を可能なかぎり除去して

水の流れが良くなりました。

ただし、一般的なプラスチック製排水口の詰まり修理料金よりも

鉄製排水口の場合には高めの修理料金となってしまいます。

 

また、先述したとおり、状況によっては、

まったく改善させることができないこともありえます。

鉄排水口のつまりのケースでは

それらを予めご了解していただいたうえでの対応となります。

 

 

外の散水栓(水抜栓)から水がもれる

IMG_20170618_131009.jpg

 

住宅の外部にある水道栓(散水栓)から

水がもれる音がするということで

調査・修理のご依頼をいただきました。

 

水道の元栓も15年〜20年ほど経過すると

水道栓内部に入っているパッキンが切れてしまい

地中内部で水が漏れだすという症状が出てきます。

 

このような修理については、札幌市から供給されている

水道本管と直結している部分に手をかけるため、

規定の水道局指定工事店でしか作業ができないものです。

 

水道元栓の漏水修理は、¥8000〜(状況による)となります。

また、数箇所のパッキン交換で水もれ改善しない場合には

内部部品取り換えなどが必要になることもあり、

作業費が別途かかることになってきます。

 

手洗い排水のつまり修理

IMG_20170513_111538.jpg

 

南区の飲食店店舗で、トイレ内に設置している

手洗い用の小型ボウル陶器の排水が

流れていかないということで修理対応のご依頼をいただきました。

 

不特定多数のお客さまが使用する飲食店などでは

通常の一般家庭ではありえないような

排水の詰まり方をする場合があります。

 

今回はまず排水口から、専用の薬剤を併用しながら

圧力工法で簡易的に水つまり改善するかどうか試してみましたが

まったく詰まり症状に変化がなかったため、

手洗い器の排水に接続されている金属排水トラップを

分解して内部を確認することにしました。

 

排水金具を外してみると、中には多量のペーパーが引っかかり

水の経路をほぼ塞いでしまっている状況でした。

排水トラップ内部を清掃し、元通りに設置しなおし、

正常に排水できるよう修理完了しています。

 

一般家庭の洗面などのプラスチック排水トラップなどとは違い、

金属製の排水金具を脱着する場合、

破損の可能性などもあるため、少々高めの料金形態となっております。

 

札幌市南区の流し台裏側の水道管水漏れ修理

IMG_20170208_101249.jpg

 

キッチンの付近から常時水が漏れてくるということで

水漏れ調査依頼を受けたお客さま宅です。

 

通常のキッチンであれば、裏側に配管が通っているため、

水道管腐食などが原因でそこから水漏れすることがありえます。

 

ただし、配管が隠れて見えないことが多いため

流し台を一度取り外し、確認することが必要になってきます。

 

今回は、流し台を脱着してみたところ、

やはり給水管から水がポタポタ漏れているのが発覚したため、

配管の一部取り替え作業にて修理しています。

 

飲食店舗のシンク下からの排水の逆流

IMG_20170328_095350.jpg

 

こちらは、飲食店舗のキッチンのシンク下状況です。

排水管とホースの差し込み部付近から

水を流すと逆流してしまうということで

修理のご依頼をいただきました。

 

飲食店などの場合、一般家庭よりも油や細かなゴミなどが

排水管へ流れていってしまう割合が多いものです。

また、排水のつくり自体も、

長い距離を十分な勾配が取れないような構造にしてしまっていたり、

長年の配管内の汚れが付着しすぎていて

簡易的な修理対応ができないケースが多々あります。

 

今回のような排水の逆流のケースですと、

配管内を洗浄したり、大がかりに清掃したりする必要がありますが、

一般家庭の排水管の汚れの比ではないことが多いため

通常料金よりも割増になることがあります。

 

 

※弊社グループ会社では飲食店舗の修理に対応していない会社もあります。

 くわしくは各グループ会社へ直接お問い合わせください