流し台シンクの下から水がたれてくる

20140822_093512.jpg

 

流し台シンクの下あたりから、水を使うたびに

ポタポタ水漏れしてくるということで

調査と修理にお伺いした石狩市花川のお客さま宅です。

 

洗い場シンクのすぐ下あたりから水もれの場合、

水道管や排水あふれなどが原因ではないことがあります。

今回は、お伺いして状況確認したところ、

流し台の洗い場シンクのステンレス部分に

経年劣化による腐食で小さな穴が開いてしまっていたことで

洗い場シンクを使うたびに水が漏れていってしまう状況でした。

 

このようなケースでは本来、流し台本体を交換工事することになります。

ただ、流し台のサイズや形状によっては、

流し台の交換というのは多大な費用がかかることもあります。

急な工事手配ができないときのため、弊社では応急的に一定期間使用できるよう

穴があいた箇所の防水処理をすることができます。

応急防水処理は¥5000〜6000円程度の費用が一般的です。

 

ただし、応急作業ですから、いつまでもつのかまではお約束できません。

このような症状になってしまった場合には

できるだけ早めの流し台交換工事が必要だと考えましょう。

 

 

洗面所の水つまり修理

IMG_20170811_101749.jpg

 

洗面台の水を使うとなかなか流れていかないということで

石狩市花川地区のお客さまより修理依頼がありました。

 

洗面の排水つまりの場合、排水口付近の細かなゴミつまりであれば

排水口から圧力をかけた詰り除去作業で

簡易的に修理することができます。

ただし、圧力除去作業で改善できない場合には

排水管内に細かな異物や、相応量の髪の毛や汚れが

蓄積してしまっている可能性があります。

 

状況によっては、収納扉内にある排水器具を取り外し、

内部清掃する必要が出てきます。

つまり修理料金については、どのような作業をするかによって

若干違いがありますが、ごく一般的なケースでは

¥6000〜8000円の作業料金となります。

 

排水工事や排水管の清掃業務

IMG_20170410_132120.jpg

 

排水管や排水桝(マンホールます)の勾配が悪く、

室内で使ったトイレやキッチンなどの水の流れが

非常に悪くなっていた事例です。

 

排水管内で詰まりがある場合には、高圧洗浄機などを使用し

配管内清掃をするものですが、

外観から見てすでに下水の管やマスにかなりの異常がある場合には

単なる清掃作業ではなかなか改善は見込めないものです。

 

今回は、お客さまのご希望でまずは高圧洗浄清掃をしましたが

やはり、配管状態が悪すぎるために状態改善はせず、

そのまま排水管を掘り起こして、勾配が狂ってしまっている箇所の

排水管取り替えの工事となりました。

 

 

トイレのタンク付近の配管から水漏れする

IMG_20170302_212717.jpg

 

石狩市花川地区にお住まいのお客さまより

トイレの床面に水漏れがあるということでご依頼いただきました。

 

お伺いして、水漏れ箇所の調査をしてみると、

トイレタンクに繋がっている水道配管から

水がポタポタ漏れているのが判明しました。

 

トイレ給水管からの水漏れの場合、

パッキンの取り換えなどで簡易的に修理可能な場合もありますし、

配管そのものが腐食したり変形してしまったりしていることで

配管そのものを取り替える必要がある場合もあります。

 

今回は、配管の変形もあったため、

取り替えたほうが今後も安心して使えるということで

フレキ配管の交換にて作業完了しました。

 

このようなトイレ給水管の交換の場合は、

長さや角度調整具合にもよって違いがありますが、

通常は¥6000〜8000円ほどの作業料金となります。

 

水道管からの水漏れ修理

IMG_20170404_141048.jpg

 

通常、給湯器の付近には、

止水用のバルブや、蛇口、様々な弁などの

水道器材や金具が取り付いています。

 

これらの配管や器具が密集している箇所というのは

どうしても水漏れの頻度が多くなりがちです。

 

漏れている箇所により、パッキン交換などの軽微な修理で

対処できる場合もあれば、

配管を距離をとって交換しなければいけないケースもあり、

なかなかお電話だけではハッキリとした金額を

お伝えできないことも多々あります。

 

お問い合わせは無料ですので、ご不明な点は

お気軽にお電話ください。