洗面台の水つまり修理

20151004_173530.jpg

 

洗面台の水が流れにくく、

水を使用すると、ボウル部分にいつまでも

水が残ってしまうということで

修理のご依頼をいただいた石狩市緑苑台のお客さま宅です。

 

洗面所の水つまりの場合は、

ごく簡易的な少量の髪の毛などの詰まりであれば

排水口付近から専用工具で圧力をかけることで

水の流れを改善することができます。

 

また、上記の方法で改善できない場合や

詰まり症状が頑固な場合などには

収納扉の中の排水金具を分解して

内部の清掃をすることになります。

 

一般的なつくりの洗面化粧台の水つまりの場合は

¥6000〜8000円程度の料金になることが多いですが、

症状があまりにも酷いケースでは、

若干費用加算になることもあります。

今回の事例では、排水器具の分解を伴う詰まり修理で

¥8000+消費税額となりました。

 

お風呂の換気扇が動かなくなった

20150706_142046.jpg

 

お風呂の換気扇がしばらく前から作動音がうるさくなってしまい

気になっていたらしいのですが、そのままにしておいたところ

ある日とうとう動かなくなってしまったということで

換気扇交換のご依頼をいただいた石狩市花川地区のお客さま事例です。

 

お風呂の換気扇というのは常に湿気の多いところにあるため

どうしても定期的に壊れる頻度が多いものです。

とくに、作動時に音が気になりだしたら

内部のモーターに負荷がかかっていることが考えられますので

そろそろ交換時期が来ていると判断しても良いでしょう。

 

一般的な形状のお風呂場の換気扇交換は

¥20000〜25000円程度ですが、

一部の換気扇は内部寸法が汎用品では対応できず

若干交換費用が高くなってしまうことがあります。

 

今回のお客さま宅の換気扇も

特殊な寸法のものが取り付いていたため

汎用品を使用することはできず、

少々割高な換気扇交換費用となってしまいました。

 

宅地内の下水のマンホールが壊れて排水が流れない

20150723_091653.jpg

 

宅地内にある下水のマンホール(排水マス)付近で

しばらく前から地盤陥没があり

そのままにしておくとやがて室内の排水が

流れなくなってしまったということで

修理のご依頼をいただいた石狩市緑苑台のお客さま宅です。

 

排水マスまわりで陥没や地盤沈下がある場合、

地中に埋まっている排水管などで損傷があり

汚水が配管の外に逃げてしまっているため

その水の影響で地中内の土がえぐられてしまうことが原因となります。

 

このような場合には原則として

地面を掘り起こし、破損個所付近の排水管や排水桝を

取り換えていくような外構工事となってしまいます。

 

また、破損個所付近の地盤沈下により

土の中に埋まっている排水管の傾斜が狂ってしまっている場合には

損傷箇所だけでなく、前後距離をとって

排水管の交換工事をしなければいけないこともあります。

排水工事については、現地状況によって、

工事費用が大幅に違ってくることもありますので

まずは現地確認をさせていただくことになります。

 

蛇口ハンドルを強く締めても水が止まりきらない

20150701_190534.jpg

 

古くからある写真のような単水栓蛇口で

ハンドルをぎっちり締めても

ポタポタと水が止まりきらないということで

パッキンの取り替えをご依頼された石狩市花川地区のお客さま宅です。

 

このようなタイプの蛇口は、

内部のゴムパッキンの劣化で水もれすることが多く

平均的に軽微な修理で改善できることが多くあります。

 

ただし古くなってしまうことで、

内部の金具削れによる水もれ原因というケースもあり、

パッキンを交換しても症状が改善されない場合や

分解したときに金具の欠けや損傷が見つかる場合などでは

パッキンだけでなく金具部品の交換や、

蛇口そのものを取り換える必要が出てくることもあります。

 

今回は、パッキン取替えのためにハンドル上部を取り外したところ、

パッキンを固定するための上部金具で

ネジ部分の削れがあったため、

金具部品ごと交換することとなりました。

 

今回のケースでは部品代・作業費含め

¥6000円+消費税額となりましたが、

既存の蛇口形状や、損傷箇所により

料金に変動があることがございます。

 

トイレの男性用小便器の水の流れが悪い

20150624_010900.jpg

 

男性用トイレの小便器で

水を流すと便器内に水がたまり

なかなか流れていかなくなってしまったと

ご連絡のあった石狩市の店舗事例です。

 

小便器は尿素の成分が付着し蓄積されると

尿石といわれる頑固な汚れ固まりができてしまいます。

この尿石を取り除くためには

業務用の薬品を併用してのつまり修理となることが多く

通常の大便器のトイレつまり修理より

多少高額な作業料金となることがあります。

 

とくに、流れが悪くなったまま

しばらく放置してしまうとこの尿石の付着度合いが酷くなり

多量の薬品と、多大な作業時間を必要としてしまうこともありますので

できるかぎり早めの対処が必要となってきます。

 

トイレ便座の取り替え作業

20150203_123236.jpg

 

お客さまのお手持ちのトイレ便座を

取り付けのみおこなうことも可能です。

引っ越しに伴う、取付・取り外しや、

ご自身で購入してきた洗浄便座を

取り換え作業のみしてほしいなどのご依頼もおまかせください。

 

今回は、ウォシュレットを購入して

当初ご自分で取り付けしようとしていたらしいのですが

水道管の調整などが必要で

簡易的に取付できないことが判明したため

急遽、弊社への取付依頼をいただいたケースです。

 

一般的なウォシュレット・シャワートイレの

交換基本料金は ¥8000〜ですが、

(便座をお客さまでご用意の場合)

配管調整や追加部材・追加作業が発生する場合には

上限として 〜¥12000円まで必要なこともあります。

 

洗面化粧台の水つまり

20150109_143542.jpg

 

洗面化粧台で水を使うと

流れていくまでに時間がかかるということで

修理のご依頼をいただいた石狩市花川地区のお客さま宅です。

 

少しずつ流れてはいくものの、

しばらく時間をおかなければ

キレイに排水されない状態だったため、

排水金具をいちど分解して確認したところ

排水内に細かなゴミが落ちてしまっていました。

 

これらの詰まりの原因となっていた異物を取り除き

今回は水つまり修理完了となり、

料金は ¥8000+消費税額となりました。

 

洗面台の構造や、排水管構造によって

対処方法が違ってくるケースもありますので

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 

配管がある付近の地面の土がえぐれてきてしまう

20141023_113158.jpg

 

お住まいの外の地面で、

排水管が通っている付近の地盤がへっこんできてしまい、

土を補充したものの、また少し時間をおくと

同様に陥没してきてしまうということで

調査と修理をお願いされた案件です。

 

このような事例では、排水管などの損傷により

配管途中に隙間ができてしまうため

本来は市の下水管に流れていくべき汚水や雑排水が

管の外に逃げてしまうため、付近の地面で陥没症状が起こることになります。

 

対処方法としては、ある程度の破損個所の目星をつけて

埋まっている排水管を掘り起こしてみるしかありません。

地面の沈降が激しい場合には、破損個所だけでなく、

全体的に排水管傾斜がおかしくなっていることもありますので

長距離を掘り起こして工事しなければいけないことも多々あります。

 

今回の事例では、掘り起こしてみたところ、

地盤沈下により地中の排水管に負荷がかかってしまい

完全に割れてしまっていました。

どうしても土に埋まっているものですので

外観からは正確な判断ができないことも多いものです。

工事費用のお見積りについては、多少幅を考えていただくような

概算見積りになることもありますのでご了承ください。

 

流し台シンクの下から水がたれてくる

20140822_093512.jpg

 

流し台シンクの下あたりから、水を使うたびに

ポタポタ水漏れしてくるということで

調査と修理にお伺いした石狩市花川のお客さま宅です。

 

洗い場シンクのすぐ下あたりから水もれの場合、

水道管や排水あふれなどが原因ではないことがあります。

今回は、お伺いして状況確認したところ、

流し台の洗い場シンクのステンレス部分に

経年劣化による腐食で小さな穴が開いてしまっていたことで

洗い場シンクを使うたびに水が漏れていってしまう状況でした。

 

このようなケースでは本来、流し台本体を交換工事することになります。

ただ、流し台のサイズや形状によっては、

流し台の交換というのは多大な費用がかかることもあります。

急な工事手配ができないときのため、弊社では応急的に一定期間使用できるよう

穴があいた箇所の防水処理をすることができます。

応急防水処理は¥5000〜6000円程度の費用が一般的です。

 

ただし、応急作業ですから、いつまでもつのかまではお約束できません。

このような症状になってしまった場合には

できるだけ早めの流し台交換工事が必要だと考えましょう。

 

 

洗面所の水つまり修理

IMG_20170811_101749.jpg

 

洗面台の水を使うとなかなか流れていかないということで

石狩市花川地区のお客さまより修理依頼がありました。

 

洗面の排水つまりの場合、排水口付近の細かなゴミつまりであれば

排水口から圧力をかけた詰り除去作業で

簡易的に修理することができます。

ただし、圧力除去作業で改善できない場合には

排水管内に細かな異物や、相応量の髪の毛や汚れが

蓄積してしまっている可能性があります。

 

状況によっては、収納扉内にある排水器具を取り外し、

内部清掃する必要が出てきます。

つまり修理料金については、どのような作業をするかによって

若干違いがありますが、ごく一般的なケースでは

¥6000〜8000円の作業料金となります。

 

排水工事や排水管の清掃業務

IMG_20170410_132120.jpg

 

排水管や排水桝(マンホールます)の勾配が悪く、

室内で使ったトイレやキッチンなどの水の流れが

非常に悪くなっていた事例です。

 

排水管内で詰まりがある場合には、高圧洗浄機などを使用し

配管内清掃をするものですが、

外観から見てすでに下水の管やマスにかなりの異常がある場合には

単なる清掃作業ではなかなか改善は見込めないものです。

 

今回は、お客さまのご希望でまずは高圧洗浄清掃をしましたが

やはり、配管状態が悪すぎるために状態改善はせず、

そのまま排水管を掘り起こして、勾配が狂ってしまっている箇所の

排水管取り替えの工事となりました。

 

 

トイレのタンク付近の配管から水漏れする

IMG_20170302_212717.jpg

 

石狩市花川地区にお住まいのお客さまより

トイレの床面に水漏れがあるということでご依頼いただきました。

 

お伺いして、水漏れ箇所の調査をしてみると、

トイレタンクに繋がっている水道配管から

水がポタポタ漏れているのが判明しました。

 

トイレ給水管からの水漏れの場合、

パッキンの取り換えなどで簡易的に修理可能な場合もありますし、

配管そのものが腐食したり変形してしまったりしていることで

配管そのものを取り替える必要がある場合もあります。

 

今回は、配管の変形もあったため、

取り替えたほうが今後も安心して使えるということで

フレキ配管の交換にて作業完了しました。

 

このようなトイレ給水管の交換の場合は、

長さや角度調整具合にもよって違いがありますが、

通常は¥6000〜8000円ほどの作業料金となります。

 

水道管からの水漏れ修理

IMG_20170404_141048.jpg

 

通常、給湯器の付近には、

止水用のバルブや、蛇口、様々な弁などの

水道器材や金具が取り付いています。

 

これらの配管や器具が密集している箇所というのは

どうしても水漏れの頻度が多くなりがちです。

 

漏れている箇所により、パッキン交換などの軽微な修理で

対処できる場合もあれば、

配管を距離をとって交換しなければいけないケースもあり、

なかなかお電話だけではハッキリとした金額を

お伝えできないことも多々あります。

 

お問い合わせは無料ですので、ご不明な点は

お気軽にお電話ください。