男子用トイレの水の流れが悪い

20141225_114708.jpg

 

男性用の小便器トイレの水の流れが

年々悪くなっているので見てほしいということで

ご依頼があった事例です。

 

小便器も汚れが付着していくと

排水経路が塞がり気味になってしまうため

一気に水量が流れると小便器から溢れそうになったり

なかなか水が引いていかないなどの症状になります。

 

大便器トイレのつまり同様、

小便器の詰まりの場合も、圧力工法などの詰り除去や

専用の薬剤などを使用しての清掃作業が必要になります。

 

蛇口の水が止まりにくい

20141216_145248.jpg

 

蛇口のハンドルを締めても、

なかなか水が止まりにくいということで

パッキンの交換ご依頼をいただいた事例です。

 

かなり年数の経過している古い単水栓蛇口で

ハンドルのきしみも酷く、

パッキンの取り替えをしても水漏れ改善できませんでした。

 

このようにパッキン交換で対応できないときには、

次に内部の金具を取り替えてみることになります。

今回は、スピンドルといわれる内部金具を取り替え、

水漏れが止まるようになりました。

ただし、蛇口の劣化具合によっては、

蛇口カラン本体を交換しなければ

改善しなければいけないケースもあります。

 

和式トイレの詰まり修理

20141102_120617.jpg

 

和式のトイレで、水つまりが起こってしまったと

緊急の詰まり対応のご依頼をいただきました。

 

お話しを伺うと、トイレットペーパーが無かったため、

しばらくの間、ティッシュペーパーを代わりに使ってしまい、

そのあとに詰まりの症状が出てきたということでした。

 

ティッシュペーパーというのは、水に溶けにくい紙ですので、

基本的にはトイレに流してはいけないものです。

そのため、普通のトイレットペーパーを使用する場合に比べ

格段にトイレつまりを引き起こしやすくなってしまいます。

最悪の場合、簡易的なトイレ修理では対応できず、

便器を取り外したり、トイレを解体したり、

排水管の洗浄や工事になるケースもあるのです。

 

今回は、軽微なティッシュペーパー詰まりでしたので

簡易的なトイレつまり修理で完了することができましたが、

大がかりな事態につながることもありますので、

くれぐれも水に溶けにくいペーパー類は使用しないようにしましょう。

 

 

トイレのレバーを回しても水が出てこない

20141028_103333.jpg

 

トイレタンクのレバーハンドルを操作しても

便器に水が流れてこないということで

修理のご依頼をいただいた案件です。

 

トイレタンクのレバー部品は、同じくタンク内の

別な部品と接続されています。

レバーハンドルが空回りしている場合には

この接続部分が損傷していることが考えられます。

 

今回は、内部部品のチェーンが切れてしまったために

レバー操作が効かず、水が流れてこない状態だったため

トイレタンクの中の部品の交換をして症状改善しています。

 

トイレの部品交換は、交換する部材により違いがあります。

今回は¥6000円の費用となりましたが、

1万数千円ほどの費用になる部品交換もあり、

その症状や故障個所によって料金に変動があるものです。

 

手洗い器の排水パイプから水がもれる

20140901_085059.jpg

 

トイレ内に手洗い器が設置されているお客さま宅で、

手洗い排水をすると、排水パイプのナット部付近から

じんわりと水がもれるということで

修理依頼をいただいた事例になります。

 

写真のような排水パイプが金属製のタイプになっているものは、

年数が古いと金属の摩耗により、

部品が損傷してしまうことがあります。

また、水垢などの固着により、正常に取り外しできないケースもあるため

一般的なプラスチック製の排水器具の分解よりも

修理は少々高めの金額になってしまいます。

 

排水つまりの場合にも、排水パイプを取り外さなければならないことがあり、

このような鉄製の排水パイプでは料金が上がってしまうことがあります。

 

 

蛇口のレバーハンドル操作が重い

IMG_20170811_101744.jpg

 

シングルレバーといわれる、1つのレバー操作で

水もお湯も混合させることができる形状の蛇口で

レバー操作が重くなったり、固くなってしまうことがあります。

 

このような状況は、レバー内部に入っている

カートリッジという部品の摩耗や故障により

発生してしまうものです。

 

修理をするには、昔ながらの単独カランとちがい、

混合栓を分解しての部品交換となりますので、

¥14000〜16000円ほどの修理費用となります。

また、蛇口の水垢がひどく、固着してしまっているため

分解ができないケースもありますので

蛇口の状態によっても修理可能かどうか判断しなければなりません。

 

洗面台の蛇口の水もれ

IMG_20170419_192954.jpg

 

シャワータイプの洗面混合水栓から

水漏れし、収納扉内が水びたしになるということで

修理依頼をいただきました。

 

お伺いしてみると、引き出せるタイプのシャワーホースに

亀裂が入ってしまい、使用するたび

シャワーホースをつたって下の収納扉内に

水もれしていくことが確認できました。

 

引き出し式のシャワーホースというのは一般的に

らせん状のメタルホース(金属ホース)を使用しています。

このらせん状の部分が年数とともに亀裂が入り

水もれしてしまうことが多いのです。

 

蛇口の形式や製造メーカーにもよりますが、

部品が製造中止になっていないかぎりは

シャワーホースなどの部品交換修理で対応可能です。

 

江別市のシャワー蛇口交換

IMG_20170213_132425.jpg

 

お風呂場のシャワー蛇口が古くなり、

ハンドルが硬くなったり、水垢やカビの付着が多くなってきたので

そろそろ新しいものに取り替えしたいというご依頼で

現地確認にお伺いした現場事例です。

 

ひと昔前の形状のサーモスタット式混合栓が付いていましたが、

ありこちの作動部が不調を感じさせる状態だったため、

お客さまのご希望どおり、浴室シャワー混合栓の

本体交換作業をすることになりました。

 

国内メーカー品であれば、ほとんどの機種に対応できますので、

蛇口交換ご希望の場合には、お気軽にお申し付けください。