ユニットバスの排水口から水があふれてくる

20150102_223200.jpg

 

浴槽の水を一気に流したり、

シャワーをしばらく使用していると

ユニットバスの洗い場部分にある排水口から

水が溢れ上がってくるということで

排水逆流修理のご依頼をいただいた手稲区の事例です。

 

通常のユニットバスの場合には

浴槽の排水口と、洗い場の排水口はつながっているため、

合流先で詰まりが起きてしまうと

水を使用したときに逆流状態になってしまいます。

 

このような排水口付近の詰まりの場合には

排水口付近から圧力をかけて詰まりを除去したり、

業務用の薬品などを併用して清掃していくことになります。

 

ごく一般的なユニットバスのプラスチック製の

排水口付近の詰まり除去は¥8000円程度となりますが、

古いマンションなどで鉄製の排水口になっている場合などでは

費用が割高になってしまったり、

対処ができないケースもあります。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 

トイレの水の流れがおかしい

20141229_162911.jpg

 

完全に流れないわけではないけれども、

いつもとトイレの流れ方がおかしい場合には

単純なトイレのつまりではなく、

下水・排水管内で詰まりや何らかの異常があることが多いものです。

 

たとえば、トイレの便器内にいつもたまっている

封水といわれる水の量が少ない、

ゴボゴボとおかしな音がする、

トイレ水を流すと、便器内の水位が上がって一瞬水が溢れそうになる、

など、正常な流れ方ではない場合、

トイレの便器内ではなく、排水管での問題が考えられます。

 

このような場合には、簡易的なトイレつまり修理では対応できないため、

電動ワイヤー工法などで排水・汚水管内の除去作業をしたり、

外部の排水マンホールなどから高圧洗浄作業で清掃をすることになります。

 

また、排水管の勾配異常や破損があるケースなどでは、

地盤や隠ぺい部などを掘り起こすなどの大掛かりな工事をしなければ

改善しきれないこともあります。

(排水管異常があるかどうかは、洗浄や清掃作業をしたうえでなければ

 判断できないケースがあります)

詳しくは、現地での調査となりますので、お気軽にご相談ください。

 

室内の水の流れが悪く、頻繁に詰まりが起こる

20141023_113151.jpg

 

ここしばらくの間、頻繁に排水の詰まりが起こってしまい、

水道業者に依頼してもなかなか完全に修理しきれないと

お困りだった手稲区のお客さま宅の事例です。

 

排水まわりを調査してみたところ、

外の地中部分を走っている排水管パイプが

何らかの異常により、たわんでしまっている可能性がありました。

 

室内の水の流れもかなり悪かったため、

お客さまとご相談のうえ、地面を掘り起こし

排水管を露出してみることにしました。

その結果、一部で排水勾配がおかしくなって水のたまりができてしまい、

水の流れが妨げられるようになっていたようでした。

 

通常、排水管は地中に埋まって、札幌市の下水につながっているため

お住まいの地盤が沈下により下がってしまうと、

同時に排水管にも影響が出てくるのです。

かなりの距離を取り替える排水工事になってしまうこともありますので

まずは現地確認や調査が必要になります。

 

水を使っていないのに、ずっと水の音がする

IMG_20170522_14174.jpg

 

外にある水道栓から、蛇口を開いていないのに

ずっと水の流れるようなシューシューとした音が聞こえるということで

漏水調査と修理のご依頼をいただきました。

 

水を使っていないはずなのに、

水の音が常時聞こえるというようなケースでは

水道栓(水抜栓・元栓)の地中部分で止水できずに

地下漏水している状態のことがほとんどです。

 

目に見えて水漏れをしているわけではないため、

なかなか気付かない現象ですが、

地中に常に水が出て行ってしまっているために

水道料金は常にかかってしまう状態になります。

 

このような場合には、元栓内部の部品交換や

数箇所のパッキン交換をすることで

漏水状態が改善されることがほとんどです。

 

修理対応後は水道料金の免額申請もおこなえますので

お気軽にお問い合わせください。

 

トイレタンクの中で水の音がずっと続いている

IMG_20170422_111756.jpg

 

トイレタンクの中から、いつまでも

ポタポタ、シューなどという水の音が止まらないという場合、

トイレタンク内部の部品が劣化や故障している可能性が高いものです。

 

タンクの中には数種類の部品が設置されていますが、

どの部分が壊れても、水漏れ症状を引きおこします。

 

一般的に、壊れやすい部分は、

浮き球のようなボールタップといわれる箇所、

ゴム状の部品で栓の役割をするフロート弁、

フロートの取り付け器具であるオーバーフロー管などです。

 

また、トイレタンク内部の防露材劣化により

内部部品が引っかかって正常作動しなくなり

水漏れ症状が出てきてしまうなどというケースもあります。

 

交換部品や作業内容により修理費用は異なりますが、

一般的なトイレタンクの場合には

¥6000〜¥16000 となることが多いです

 

和式トイレの水つまり

IMG_20170306_122257.jpg

 

和式トイレで水つまりがあるということで

緊急修理にお伺いした事例です。

和式の便器は、洋式トイレと違い、

汚水やペーパーを汚水管まで流し込む方式が違うため

通常の使用方法であるかぎり、なかなか詰まりがおきにくいものです。

 

とはいえども、極端なトイレットペーパーの使用量ですと

やはりトイレ詰まりなどの問題になることがあります。

 

このような和式便器のトイレつまりの場合にでも

全般的に対応可能です。

簡易つまりの場合には、〜¥8000円程度の料金となります。

 

ただし、和式トイレに誤って

本来流してはいけない異物などを流してしまった場合には

非常に大がかりで困難な作業となってしまいます。

くれぐれもお気を付けください。

 

 

お風呂の換気扇取り替え工事

IMG_20170404_103934.jpg

 

お風呂場の換気扇の取り替え工事も

全般的におこなっております。

 

お風呂というのは、どうしても他の水まわりと比べ、

湿気が多くなるため、換気扇使用頻度が多くなる場所です。

そのため、換気扇内部モーターなどの箇所なども

他の箇所に比べ、故障頻度が多くなってしまう傾向にあります。

 

今回の事例も、換気扇が作動しなくなったことで

換気扇本体の取り替えとなったものです。

換気扇は種類により、形状や寸法、

吸引するための力容量などに違いがあるため、

現在取り付いているものに合わせた交換品のチョイスが必要です。