トイレに流してはいけないものを流した

IMG_20180518_130331.jpg

 

トイレに誤って、異物を流してしまったため

トイレが詰まってしまったということで

修理の依頼をいただいたお客さま宅です。

 

トイレにペーパーや便以外のものを流してしまうと

簡易的な方法で取り除くことができないケースがほとんどです。

 

今回は、トイレットペーパーホルダーの部品を

うっかりトイレに流してしまったということで

トイレを取り外し、便器の中に引っ掛かっていた異物を

取り除く作業となりました。

 

ペーパーの流しすぎなどによるごく普通のトイレつまりと違い

本来流してはいけないものを流してしまった場合には

大半が今回のようなトイレの脱着作業になってしまいます。

 

トイレ取り外しの料金はトイレ形状により

¥20000〜25000円程度になります。

排水管の奥のほうでの詰まり修理

DSC_0175.jpg

 

洗濯排水が詰まったということで

ご連絡いただいた札幌市清田区のお客さま宅です。

 

排水の水つまりの場合、

各排水口の付近での詰まりなのか

その奥のほうでの詰まりなのかにより

作業内容も費用も大幅に違ってきてしまいます。

 

排水口付近の詰まりの場合には数千円程度の費用で

おさまることが多いものですが

排水管の奥や、外部桝付近での詰まりの場合には

その状況に応じて数万円必要な作業になるケースもあります。

 

今回は、排水管の中に電動ワイヤーを通していって

内部の汚れの蓄積を除去しました。

室内からの電動ワイヤー工法の場合には

平均2万円前後の作業費になります。

 

同様の作業でも、状況やどの箇所の排水なのかにより

若干対応が違うこともありますので

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 

見えない箇所の水道管から水もれ

IMG_20210208_152820.jpg

 

露出していない見えない部分の水道から

水漏れしてしまうと、

かなり大変な修理や工事になってきてしまうことがあります。

 

壁の中、天井裏、設備機器の裏などに隠れている

水道からの水もれは、壁や天井を解体したり

設置されている設備機器をいちど取り外したりと

配管修理そのもの以外の工費も重なってきます。

 

またこのような隠蔽配管修理ですが、

事前にハッキリした見積りが出せないことが多いものです。

少なくとも、水漏れ箇所が断定できないかぎり

幅をとっての概算金額見積りとなってしまいます。

 

マンションの天井から水もれ

2013120119020000.jpg

 

札幌市清田区のマンションにお住まいのお客さまより

天井から水がポタポタもれてくるということで

緊急水道修理のご依頼がありました。

 

お伺いしてみると、脱衣所の天井付近から

水が少量ずつ漏れている状態でした。

そばの天井点検口から天井裏を確認すると、

水道管から経年劣化によるピンホール

(腐食で水道配管に小さな穴があくこと)があり、

そこから常時水もれしているのが判明しました。

 

今回は銅を使用した水道管のため、

一部を部分的に切断し、劣化箇所のみを配管交換できました。

ただし、劣化が酷い場合や配管経路によっては、

長距離の水道管交換が必要になるケースもあります。

天井点検口から手の届く箇所での銅管配管の部分修理の場合は

¥12000〜20000程度の料金になりますが、

状況や配管材質などによっても料金に違いが出てきます。

 

 

お風呂の蛇口の故障修理

1326685412609.jpg

 

お風呂の蛇口の水が止まらないというご依頼で

お伺いしたお客さま宅です。

現在主流になっているサーモスタット式混合栓

(水とお湯のハンドルが分かれていないもので

 温度調整ハンドルがあるもの)の場合、

止水できないという故障のケースは

蛇口内部の部品の交換が必要になってきます。

 

また、メーカーやお使いの蛇口の型式により

それぞれ適合する部品が違いますので

まずは現地で状況確認が必要になってきます。

 

よく使用されているタイプの部品であれば

通常在庫としてご用意していますので、

その場で修理可能になりますが、

あまり頻度がない形状の部品の場合は

お時間をいただいて部材を取り寄せ必要なこともございます。

 

ただし、15年以上お使いの混合水栓であれば、

部品がすでにつくられていないため、

修理が不可能ということもありますし、

後々を考えると蛇口を丸ごと新しいものに取り替えたほうが

結果的に安くおさまるケースもあります。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 

蛇口のパッキンの交換

20160317_163822.jpg

 

蛇口から水漏れするので、パッキン交換をお願いされた

清田区のお客さま宅の事例です。

 

水もれしている蛇口は、昔から使用されている形状の

単水栓といわれる水の蛇口、お湯の蛇口が

別々の単独蛇口となっているものでした。

 

通常、シングルレバーといわれるレバー操作で水を出す形状や

お風呂場の温度調整付きサーモスタット形状でなければ

今回のような汎用ゴムパッキンの交換をすることが可能です。

(その他のタイプは部品交換などが必要なケースが大半です)

 

今回、各所のゴムパッキンを取替え、水漏れ症状改善しました。

蛇口の汎用パッキンの交換費用は、

1ヶ所のみ ¥3000円〜、

2ヶ所め以降 +¥1000円〜 となります。

出張費なども含めた金額になりますが、

汎用品ではない特殊パッキンが必要な場合などは

若干ですが金額変動することがございます。

 

水道の元栓のレバーが固くて動かない

20141002_120813.jpg

 

こちらは、水抜き栓と呼ばれる水道の元栓です。

一般的な形状として、電動タイプのものと

手動タイプのものがあります。

 

電動タイプは、室内の操作盤(リモコン)の

ボタン操作で水道を開閉できるもので、

写真のような手動のタイプは

ハンドルを回したり、レバーの上げ下げをしたりすることで

水道の開閉をするつくりになっています。

 

今回修理のご依頼をいただいたのは

手動式のレバーハンドルタイプの水抜き栓で

このレバー操作が固くなってしまい

動かすことができないということでした。

 

このような場合、水抜き栓本体の劣化があまりにも激しくなければ

内部を分解して調整したり、

数箇所の内部パッキンを交換するなどして

正常に操作できるよう修理することが可能です。

 

水抜き栓の種類や形状にもよりますが

一般的なタイプのものであれば

¥8000〜9000円程度の修理料金となります。

 

トイレの床に水もれ

20150919_221108.jpg

 

トイレの床から水がもれるというケースがよくありがちですが

その原因としては様々なことが考えられます。

 

便器と床の接続部材が経年劣化していたり、

水道管やトイレタンクなどから水がつたってきていたり、

ウォシュレットなどの洗浄便座などから

水が滴り落ちていたりと、

その原因により当然のように修理の対応方法も

それにかかる料金なども違ってきます。

 

今回のケースでは、トイレ設置部分の裏側に通っている

水道管途中の金具部分から水がもれていて

その水が便器まわりの床へと流れ込んでいたため

時間がたつとトイレの床がべちゃべちゃになるといった状態でした。

 

まずは、第一段階の対処として

現地で水漏れの原因を調査・断定するところからはじまります。

水漏れでお困りの場合には、まず現地調査にお伺いしますので

お気軽にご相談ください。

 

 

トイレの漏水で水道料金が高額請求

20150203_123250.jpg

 

トイレの水がわずかですが長期間流れっぱなしになり、

それに気付かずにいたところ

水道料金検針時に請求水道料金が高額になってしまった

札幌市清田区にお住まいのお客さま宅です。

 

お伺いしてみると、トイレタンクの中に入っている部品のうち

ボールタップという浮き球一体型の部品が故障し、

オーバーフロー状態になってしまっていたため

少しずつですがチョロチョロと便器の中へ

気付かない程度の水漏れが続いていたようです。

 

このように水道料金が高額になってしまった場合、

漏水箇所によって、弊社で水道修理後に

水道局への料金免額手続きをすることができます。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 

流し台の水つまり修理

20141002_140516.jpg

 

流し台シンクの水を使用すると

排水口あたりから水があふれて

シンク内に水がたまってしまうということで

排水つまり修理のご依頼をいただいた事例です。

 

排水つまりにはおもに2通りの症状があり

排水口や排水ホースあたりのシンク付近での詰まりと

排水管の奥で油汚れや細かな生ごみなどの付着で

水の経路が塞ぎ気味になっているケースがあります。

 

シンクの排水口付近でのつまりの場合には

圧力をかけて詰まり物を押し流していくような

簡易作業となりますので、¥8000円〜程度の

つまり修理料金となります。

 

それに対して、排水管の奥のほうで詰りが起こっている場合には、

室内の排水内や外部の下水清掃まで特殊器具を使用して

作業しなければいけないケースもあり、

少々割高な作業料金となることもあります。

室内の排水管清掃のみで対応できる場合には¥20000〜25000程度、

外部清掃の場合には¥25000〜(状況や季節による)となります。

 

流しの水つまり修理

IMG_0304.JPG

 

流し台シンクの水の流れが悪く、

多量の水を一気に流したり、

食器などの洗い物などで水を流しっぱなしにすると、

排水口から水があふれ上がってくるという状態でした。

 

このような場合、排水管の接続のつくりなどにより、

つまり修理の対処が違ってきます。

キッチン下の床面あたりから水が逆流する場合には

無条件に少々手間のかかる作業になりますし、

あくまでシンクの排水口からの逆流だけであれば

簡易的な詰まり修理作業で終わるケースもあります。

 

キッチンの詰まりの改善はその症状や排水構造により

排水口まわりのつまりなら ¥8000〜より、

排水管の奥のほうでのつまり 〜¥25000 と、

状況により金額帯に大きく幅があります。

詳しくはお電話で症状お聞かせいただければ、

概算金額のお見積もりを提示できます。

 

蛇口カランのパイプ部から漏水

110919_173043.jpg

 

流しの蛇口から水もれということで

修理のご依頼があった事例です。

 

水を使おうとすると、カランの吐水パイプ根元から

ポタポタ水漏れしてしまうということでした。

 

通常、シングルレバーの混合栓では、

故障や水漏れの場合には部品の交換となってしまう部分がほとんどです。

ただ、今回の形状と水漏れ箇所では

汎用パッキンを取り換えることができる部分でしたので、

水もれ修理費用は ¥3000円となっています。

 

今回は簡易的なパッキン交換で対処できる箇所でしたが、

レバー操作が重かったり、レバーを閉じても

水が止まらないなどというケースでは

内部のカートリッジという部品交換が必要になりますので

14000〜16000円程度の部品交換作業となることもあります。

 

壁際の水道パイプから水もれ

IMG_20170618_104846.jpg

 

壁ぎわを走っている水道のパイプ部分から

水がもれているということでご依頼いただいた現場です。

 

水道パイプの種類・材質により

配管施工の方法が違ってくるため、

それによって作業料金や手間に違いがあります。

 

今回は銅管の水道管のため、水漏れ箇所のみを

専用工具で切断し、パイプ一部のみをあらたに溶接して交換しました。

お客さま宅で使用されている配管パイプの種類により

一部分だけの切断・交換ができないものもありますし、

所定の位置からでしか取り換えることのできないケースもあります。

また、前後の配管状況によっても施工のしやすさが違ってきますので

必然的に作業料金に変動が出てきます。

 

 

引き延ばせる洗面シャワーホースの交換

IMG_20170419_192640.jpg

 

シャンプードレッサー仕様の洗面化粧台の蛇口では

シャワーヘッド部を引っ張るとホースが伸びて

引き出せるタイプのものが多くあります。

 

このようなタイプのシャワーホースから

経年の劣化で水漏れするということがよくありがちです。

 

これらの部品というのは、適合するものが決まっているため、

お住まいで使われているシャワー混合栓の種類により

用意する部材も金額もそれぞれ違ってきます。

 

また、蛇口によっては、古くて部品がすでに供給できないものや

シャワーホースとヘッド部品を

セットで取り替えしなければいけないものもあります。

 

 

キッチン混合水栓の取り替え

IMG_20170404_141044.jpg

 

キッチンの混合栓の取替え作業事例です。

 

混合水栓については、蛇口本体をお客さまで用意される場合、

取り換え作業のみをご依頼いただくことも可能です。

 

また、単水栓蛇口(昔ながらの水側とお湯側の蛇口が別々なタイプ)から

レバー式の混合栓へ取り替えたいなどのご依頼にも対応します。

(お住まいの水周りの構造によっては対応できない場合もあります)

 

ご要望ありましたら、お気軽にお電話ください。

 

壁に付いている上向き蛇口から水もれ

IMG_20170306_134024.jpg

 

古いお家などの壁面によく付いている

上向き蛇口からも水漏れすることがあります。

 

普段あまり開閉しない箇所の蛇口のため、

内部のパッキンなどが渇いたり、固着したりなどの理由で

突然水もれが起こることがあるのです。

 

このような場合、ゴムパッキンの取り替えや

部品一部の交換で対処できることがほとんどです。