流しの水つまり修理

IMG_0304.JPG

 

流し台シンクの水の流れが悪く、

多量の水を一気に流したり、

食器などの洗い物などで水を流しっぱなしにすると、

排水口から水があふれ上がってくるという状態でした。

 

このような場合、排水管の接続のつくりなどにより、

つまり修理の対処が違ってきます。

キッチン下の床面あたりから水が逆流する場合には

無条件に少々手間のかかる作業になりますし、

あくまでシンクの排水口からの逆流だけであれば

簡易的な詰まり修理作業で終わるケースもあります。

 

キッチンの詰まりの改善はその症状や排水構造により

排水口まわりのつまりなら ¥8000〜より、

排水管の奥のほうでのつまり 〜¥25000 と、

状況により金額帯に大きく幅があります。

詳しくはお電話で症状お聞かせいただければ、

概算金額のお見積もりを提示できます。

 

蛇口カランのパイプ部から漏水

110919_173043.jpg

 

流しの蛇口から水もれということで

修理のご依頼があった事例です。

 

水を使おうとすると、カランの吐水パイプ根元から

ポタポタ水漏れしてしまうということでした。

 

通常、シングルレバーの混合栓では、

故障や水漏れの場合には部品の交換となってしまう部分がほとんどです。

ただ、今回の形状と水漏れ箇所では

汎用パッキンを取り換えることができる部分でしたので、

水もれ修理費用は ¥3000円となっています。

 

今回は簡易的なパッキン交換で対処できる箇所でしたが、

レバー操作が重かったり、レバーを閉じても

水が止まらないなどというケースでは

内部のカートリッジという部品交換が必要になりますので

14000〜16000円程度の部品交換作業となることもあります。

 

壁際の水道パイプから水もれ

IMG_20170618_104846.jpg

 

壁ぎわを走っている水道のパイプ部分から

水がもれているということでご依頼いただいた現場です。

 

水道パイプの種類・材質により

配管施工の方法が違ってくるため、

それによって作業料金や手間に違いがあります。

 

今回は銅管の水道管のため、水漏れ箇所のみを

専用工具で切断し、パイプ一部のみをあらたに溶接して交換しました。

お客さま宅で使用されている配管パイプの種類により

一部分だけの切断・交換ができないものもありますし、

所定の位置からでしか取り換えることのできないケースもあります。

また、前後の配管状況によっても施工のしやすさが違ってきますので

必然的に作業料金に変動が出てきます。

 

 

引き延ばせる洗面シャワーホースの交換

IMG_20170419_192640.jpg

 

シャンプードレッサー仕様の洗面化粧台の蛇口では

シャワーヘッド部を引っ張るとホースが伸びて

引き出せるタイプのものが多くあります。

 

このようなタイプのシャワーホースから

経年の劣化で水漏れするということがよくありがちです。

 

これらの部品というのは、適合するものが決まっているため、

お住まいで使われているシャワー混合栓の種類により

用意する部材も金額もそれぞれ違ってきます。

 

また、蛇口によっては、古くて部品がすでに供給できないものや

シャワーホースとヘッド部品を

セットで取り替えしなければいけないものもあります。

 

 

キッチン混合水栓の取り替え

IMG_20170404_141044.jpg

 

キッチンの混合栓の取替え作業事例です。

 

混合水栓については、蛇口本体をお客さまで用意される場合、

取り換え作業のみをご依頼いただくことも可能です。

 

また、単水栓蛇口(昔ながらの水側とお湯側の蛇口が別々なタイプ)から

レバー式の混合栓へ取り替えたいなどのご依頼にも対応します。

(お住まいの水周りの構造によっては対応できない場合もあります)

 

ご要望ありましたら、お気軽にお電話ください。

 

壁に付いている上向き蛇口から水もれ

IMG_20170306_134024.jpg

 

古いお家などの壁面によく付いている

上向き蛇口からも水漏れすることがあります。

 

普段あまり開閉しない箇所の蛇口のため、

内部のパッキンなどが渇いたり、固着したりなどの理由で

突然水もれが起こることがあるのです。

 

このような場合、ゴムパッキンの取り替えや

部品一部の交換で対処できることがほとんどです。